『足利義昭』の動画を楽しもう!

【時代】 室町時代後期(戦国時代) – 安土桃山時代
【生誕】 天文6年旧11月13日(1537年12月15日)
【死没】 慶長2年旧8月28日(1597年10月9日)
【改名】 足利千歳丸→覚慶(法名)→足利義秋→足利義昭→昌山道休
【墓所】 等持院
【官位】 従五位下・左馬頭、参議・左近衛中将、征夷大将軍、従三位・権大納言、准三后
【幕府】 室町幕府 第15代征夷大将軍
【氏族】 足利氏(将軍家)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

室町幕府第15代(最後)の将軍(在職:永禄11年(1568年) – 天正16年(1588年))。

父は室町幕府第12代将軍・足利義晴。

母は近衛尚通の娘・慶寿院。

第13代将軍・足利義輝は同母兄。

足利将軍家の家督相続者以外の子として、慣例により仏門に入って覚慶(かくけい)と名乗り一乗院門跡となった。

兄・義輝らが三好三人衆らに暗殺されると、三淵藤英・細川藤孝ら幕臣の援助を受けて奈良から脱出し、還俗して義秋(よしあき)と名乗る。

美濃国の織田信長に擁されて上洛し、第15代将軍に就任する。

やがて信長と対立し、武田信玄や朝倉義景らと呼応して信長包囲網を築き上げる。

一時は信長を追いつめもしたがやがて京都から追われ備後国に下向し、一般にはこれをもって室町幕府の滅亡とされている。

信長が本能寺の変によって横死した後も将軍職にあったが、豊臣政権確立後はこれを辞し、豊臣秀吉から山城国槙島1万石の大名として認められ、前将軍だった貴人として遇され余生を送った。

[sengoku-2]

天文6年(1537年)11月13日、第12代将軍・足利義晴の次男として生まれる。

幼名は千歳丸。

兄に嗣子である義輝がいた。

天文11年(1542年)11月20日、千歳丸は跡目争いを避けるため、あるいは寺社との結びつきを強めるために嗣子以外の息子を出家させる足利将軍家の慣習に従って、外祖父・近衛尚通の猶子となって仏門(興福寺の一乗院門跡)に入室し(『親俊日記』『南行雑録』)、法名を覚慶と名乗った。

のちに興福寺で権少僧都にまで栄進している。

このまま覚慶は高僧として生涯を終えるはずであった。

永禄8年(1565年)5月の永禄の変で、第13代将軍であった兄・義輝と母・慶寿院、弟で鹿苑院院主であった周暠が松永久通や三好三人衆らによって暗殺された。

このとき、覚慶も久通らによって捕縛され、興福寺に幽閉・監視された。

しかし、義輝の側近であった一色藤長、和田惟政、仁木義政、畠山尚誠、米田求政、三淵藤英、細川藤孝および大覚寺門跡・義俊(近衛尚通の子)らに助けられて7月28日に脱出し、奈良から木津川をさかのぼり伊賀国へ脱出した覚慶とその一行は、さらに近江国の六角義賢の許可を得た上で甲賀郡の和田城(伊賀 – 近江の国境近くにあった和田惟政の居城)にひとまず身を置き、ここで覚慶は足利将軍家の当主になる事を宣言した。

永禄9年(1566年)2月17日、正統な血筋による将軍家を再興するため、覚慶は矢島御所において還俗し足利義秋と名乗った。

永禄11年(1568年)4月15日、義秋は「秋」の字は不吉であるとし、京都から前関白の二条晴良を越前に招き、ようやく元服式を行って義昭と改名した。

永禄11年(1568年)9月、北近江の浅井氏などの支持も受けた上で、直接には織田信長軍と浅井長政軍に警護されて上洛を開始した。

途中、六角義賢の抵抗もあったが退け、父・義晴が幕府を構えていた桑実寺に遷座、そしてさらに進軍し無事京都に到着した。

これをみて、三好三人衆の勢力は京都から後退した。

また、9月30日には病気を患っていた14代将軍・足利義栄も死去した(『公卿補任』)。

10月18日、朝廷から将軍宣下を受けて第15代将軍に就任した。

しかし、幕府再興を念願とする義昭と、武力による天下統一を狙っていた信長の思惑は違っていたために、両者の関係は徐々に悪化していくこととなる。

信長に不満を持った義昭は、自らに対する信長の影響力を相対化しようと、元亀2年(1571年)頃から上杉輝虎(謙信)や毛利輝元、本願寺顕如や甲斐国の武田信玄、六角義賢らに御内書を下しはじめた。

これは一般に信長包囲網と呼ばれている。

この包囲網にはかねてから信長と対立していた朝倉義景・浅井長政や延暦寺、兄の敵でもあった松永久秀、三好三人衆、三好義継らも加わっている。

これによって義昭と信長の対立は抜き差しならないものになり、義昭は挙兵。

信長は義昭の京都追放を実行し、足利将軍家の山城及び丹波・近江・若狭ほかの御料所を自領とした。

続いて7月28日に天正への改元を行う。

8月には朝倉氏、9月には浅井氏も滅亡し、信長包囲網は瓦解した。

義昭は将軍として秀吉との和睦を島津義久に対して勧めていた。

島津氏が秀吉の軍門に下った後の10月、義昭は京都に帰還する。

その後、天正16年(1588年)1月13日に秀吉に従って参内し、将軍職を辞したのち受戒し、名を昌山(道休)と号した。

また、朝廷から准三后の称号(待遇)を受けている。

慶長2年(1597年)8月、大坂で薨去。

[sengoku-3]

天下統一を実現した秀吉が幕府の創立を目論み、義昭を大名にする代わりに自分を養子としてくれるようにと望んだが、これを拒絶した、という逸話が伝わるが、これは林羅山の説が初出であり、事実と見られていない。

兄・義輝の死後、幕臣に守られながら流浪したり、信長に追放されて諸国を流浪したりして諸大名を頼った経緯から、「貧乏公方」と噂されたといわれる。

歴代足利将軍の中では最も長命(61歳)な人物である。

足利氏初代の義康からみても3代義氏(67歳)に次ぐ長命を誇る。

本能寺の変において足利義昭黒幕説があるが、黒幕説は成立はしないとされている。

義昭を黒幕と見るにはかなりの困難がともない、学問的には全く否定材料しか見当らず肯定する要素はないのが現実であるといえる。

義昭の嫡男・足利義尋は、信長の人質となった後、興福寺の大乗院門跡となった。

義尋は後に還俗して二人の子をもうけたが、二人とも仏門に入った。

このため義昭の正系は断絶した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

足利義昭(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【足利義昭(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)