『足利義維』の動画を楽しもう!

【時代】 戦国時代 ‐ 安土桃山時代
【生誕】 永正6年(1509年)
【死没】 天正元年10月8日(1573年11月2日)
【改名】 亀王(幼名)→義賢(初名)→義維→義冬
【墓所】 徳島県阿南市那賀川町赤池の西光寺
【官位】 従五位下、左馬頭
【幕府】 室町幕府
【氏族】 足利氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての人物。

室町幕府第11代将軍・足利義澄の次男(※実際には12代将軍・足利義晴より年長で長男とされる)。

第10代将軍・足利義稙の養子。

第14代将軍・足利義栄の父。

堺公方・平島公方と呼ばれた。

一般的には足利義維の名で広く知られているが、生涯の間に数回改名している。

[sengoku-2]

永正6年(1509年)、足利義澄の次男(※実際には長男とされる、)として生まれる。

阿波国守護・細川之持の庇護の下で成長する。

大永7年(1527年)、桂川の戦いで三好元長・細川晴元らと共に、兄の第12代将軍・義晴を擁する細川高国を打ち破って近江国に放逐し、堺に居ながら京都および山城国・摂津国を実効支配した。

義維は将軍には正式にならなかったが朝廷から同年7月13日に従五位下・左馬頭に叙任されており、次期将軍として約束されていたため堺公方(または堺大樹)と呼ばれるようになる。

しかし、天文元年(1532年)に後見人の三好元長が細川晴元により自害に追い込まれ、自身も自殺しようとするが、晴元に制止され、堺公方は崩壊する。

とは言え、この5年間の義維は、実質上幕政の中心にいたと考えられるという説もある。

永禄8年(1565年)、三好三人衆らによる永禄の変で甥の義輝が謀殺され、永禄9年(1566年)に三人衆に「松永退治ノ御教書」を出した。

のち三人衆に擁立されて将軍となった嫡子・義栄を後見する。

ついで織田信長に擁された足利義昭との決戦を摂津国にて用意するも、その最中に義栄が病死し、再度阿波国に引き上げた。

[sengoku-3]

義維は義晴より年上とされているが、嫡男扱いも兄の扱いもされずに次男とされている。

これに関しては諸説がある。

歴代の将軍正室に迎えられた日野家の所生たる義晴に対し、足利一門で最高の家格を持つものの、足利氏の分家に過ぎない斯波氏を生母とする義維。義維の母(斯波氏)の位置付けが日野氏の上になるとは考えにくく、そこから年齢の順に関係なく義晴・義維の序列が決まってしまったというものである。

ただし、義澄正室の日野永俊娘(安養院)は、永正2年(1505年)に義澄と事実上離縁(出家)しており、年代的に安養院が義晴生母とは考えにくい。

さらにそもそも義晴生母は阿与という御末(雑仕女)であったという説もある。

また義晴が義澄の継室とされる六角氏の所出(「武衛娘」とあるので斯波氏娘と同一人物ともされる。

この場合、義晴と義維は同母兄弟となる)であったとしても、義維の生母(とされる)である斯波氏の方が家格は高い。

このように生年からも生母の身分からも義維のほうが遥かに嫡出の男子と言えるため、結局のところ義晴と義維の年齢差に関しては不明である。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

足利義維(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【足利義維(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)