『青木一重』の動画を楽しもう!

【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天文20年(1551年)
【死没】 寛永5年8月9日(1628年9月6日)
【改名】 一重→令曇(法名)
【別名】 重通、通称:忠助、所右衛門、民部少輔
【官位】 従五位下民部少輔
【主君】 今川氏真→徳川家康→丹羽長秀→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康→秀忠
【氏族】 青木氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。

摂津国麻田藩の初代藩主。

天文20年(1551年)、青木重直の長男として美濃国で生まれた。

青木氏は美濃の豪族で、土岐氏、斎藤氏に仕えていた。

経緯は不明であるが、一重は父・重直の下を離れて、初め今川氏真に仕えた。

[sengoku-2]

新坂(にいさか)の戦いで、敵と槍合わせをして組討って首級を挙げ、褒美に黄金を受け取った。永禄11年(1568年)の今川氏滅亡の際の駿河侵攻で、武田・徳川軍との交戦で負傷して、遠江国掛川に蟄居した。

元亀元年(1570年)、徳川家康に召されて仕えることになり、6月の姉川の戦いでは、朝倉家の武将・真柄直隆の子・隆基(十郎)を討ち取るという武功を挙げて、勇名を轟かせた。

元亀3年(1572年)の三方ヶ原の戦いでは、本多太郎左衛門と共に増援を命じられ、高天神城の守備にあたっていたが、この戦いでは弟・重経が武田勢を食い止めるために戦って討ち死にしている。

天正元年(1573年)、徳川家を出奔し、織田信長の家臣である丹羽長秀に仕えていた父・重直を頼った。

丹羽家の家臣として、山崎の戦い、賤ヶ岳の戦いなどに参加したが、天正13年(1585年)に長秀が死去すると、羽柴秀吉に仕え、使番となり、後に黄母衣衆に選抜された。

同年、摂津国豊島郡内に知行を与えられ、備中国・伊予国内などで加増されて、併せて1万石を領し、麻田城主(麻田陣屋)となった。

天正15年(1587年)、九州戦役に従軍。

天正16年(1588年)、後陽成天皇の聚楽第行幸に際して、従五位下民部少輔に叙任され、七手組の組頭の一人とされた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後も大坂城に出仕した。

[sengoku-3]

慶長18年末の父の死に際して遺領(約2000石)を継ぎ、摂津豊島郡、兎原郡、備中国後月郡、浅口郡、小田郡の5郡、および伊予国における所領、併せて1万2000石となる。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では将として城の一角を守備した。

12月、和議交渉が始まって、秀頼からの礼謝使節として駿府の家康の許へ派遣されたところ、京都で返事をするというので随行したが、同地で京都所司代板倉勝重に、「もし大坂に戻れば(家康に近侍していた)弟・可直を誅殺する」と警告されたために、大坂には戻らず、剃髪して隠棲した。

このため、元和元年(1615年)の大坂夏の陣には参加しなかった。

その後、二条城に召し出され、家康に再び仕えることになったが、減封はなく、可直に2000石を分与して1万石とされた。

また幕府への配慮からか、夏の陣で一重の代理で指揮を執っていた養子・正重を、病気を理由に廃嫡し、代わりに可直の子である重兼を迎え、養嗣子とした。

寛永5年(1628年)、死去。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

青木一重(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【青木一重(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)