『赤松則房』の動画を楽しもう!

【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永禄2年(1559年)
【死没】 慶長3年7月17日(1598年8月18日)
【別名】 満政
【主君】 豊臣秀吉
【氏族】 赤松氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

赤松氏13代当主。

[sengoku-2]

戦国時代には衰退した赤松氏であったが、則房は旧守護としての権威を利用し、播磨国においていまだ一定の影響力を保持していたと伝わる。

織田信長の命を受けた羽柴秀吉率いる中国方面軍が侵攻して来ると降伏し、秀吉の家臣となった。

[sengoku-3]

天正11年(1583年)には賤ヶ岳の戦いに参陣した。

以後も小牧・長久手の戦いや四国攻め、朝鮮出兵に参陣し、秀吉から播磨置塩と阿波国住吉 住吉城にそれぞれ1万石を与えられた。

置塩領は没収され、阿波1万石のみとする説もある。

天正16年(1588年)、賀島政慶(阿波蜂須賀家家老)を養子に迎える。

慶長3年(1598年)、死去。

子・則英の死後、子孫は高野山赤松院の住職や筑前国福岡藩黒田氏の家臣になるなどした。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

赤松則房(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【赤松則房(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)