『明智秀満』の動画を楽しもう!

【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文5年(1536年)
【死没】 天正10年6月14日(1582年7月4日)
【改名】 三宅弥平次→明智秀満
【別名】 光春、光遠、秀俊、光俊、光昌、通称:左馬助
【主君】 明智光秀
【氏族】 三宅氏→明智氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

織田家家臣の明智光秀の重臣。

女婿または異説に従弟(明智光安の子)ともいうが、真偽の程は定かではない。

同時代史料に出る実名(諱)が秀満で、当初は三宅弥平次と称し、後には明智弥平次とも名乗っている。

俗伝として光春の名でも知られ、明智光春や満春の名でも登場する。

左馬助(左馬之助)の通称も有名。

俗伝では幼名は岩千代、改名して光俊とも言うが、その他にも複数の別名が流布している。

秀満は当初、三宅氏(三宅弥平次)と名乗っていた。

三宅氏は明智光秀の家臣として複数の名前が確認できる。

また俗伝では、明智光秀の叔父とされる明智光廉が三宅氏を名乗ったとも言われる。

一説には父の名を三宅出雲、あるいは美濃の塗師の子、児島高徳の子孫と称した備前児島郡常山の国人・三宅徳置の子という説もある。

『明智軍記』などによると、秀満(同史料では「光春」)は明智氏の出身とされる。

明智光秀の叔父である明智光安の子(「明智氏一族宮城家相伝系図書」によると次男)であり、光秀とは従兄弟の関係にあったとされている。

別号として三宅氏を名乗った時期もあるとされている。

明治期に阿部直輔によって謄写校正された『恵那叢書』(鷹見弥之右衛門著)によると、明智光春(秀満)の父・光安が美濃国明知城主である遠山景行と同一人物とされており、それを参考にして遠山景行の子である遠山景玄が明智光春と同一人物、そして明智光春が秀満ではないかとの説が出されている。

遠山景玄は元亀3年(1572年)上村合戦で戦死しているが、この説によると史料の不整合もあり誤伝であるという。

また遠山景行の妻が三河国広瀬城主三宅高貞の娘であるため、遠山景玄の母に相当する三宅氏の跡を継いだという補説もある。

[sengoku-2]

秀満の前半生は『明智軍記』を始めとする俗書でのみ伝わっているが、それは秀満の出自を明智氏と断じていることに留意する必要がある。

明智氏説では、明智嫡流だった明智光秀の後見として、長山城にいた父・光安に従っていたが、弘治2年(1556年)に斎藤道三と斎藤義龍の争いに敗北した道三方に加担したため、義龍方に攻められ落城。

その際に父は自害したが、秀満は光秀らとともに城を脱出し浪人となったとする。

[sengoku-3]

天正6年(1578年)以降に光秀の娘を妻に迎えている(『陰徳太平記』)。

彼女は荒木村重の嫡男・村次に嫁いでいたが、村重が織田信長に謀反を起こしたため離縁されていた。

その後、秀満は明智姓を名乗るが、それを文書的に確認できるのは、天正10年(1582年)4月である。

天正9年(1581年)、丹波福知山を預けられて、天正10年まで在城したとされている(『御領主様暦代記』)。

天正9年10月6日、丹波天寧寺に出した諸色免許状には明智弥平次秀満という署名をしている。

同年12月4日付の光秀の年貢請取状に秀満と読める文字の黒印が捺してある。

天正10年(1582年)6月、光秀が織田信長を討った本能寺の変では先鋒となって京都の本能寺を襲撃した。

その後、安土城の守備に就き、13日の夜、羽柴秀吉との山崎の戦いで光秀が敗れたことを知る。

そこで14日未明、安土を発して坂本に向かった。

大津で秀吉方の堀秀政と遭遇するが、戦闘は回避したらしく坂本城に入った。

14日、堀秀政は坂本城を包囲し、秀満はしばらくは防戦したが、天主に篭り、国行の刀・吉光の脇指・虚堂の墨蹟などの名物がなくなることをおそれて、これを荷造りし、目録を添えて堀秀政の一族の堀直政のところへ贈った。

このとき直政は目録の通り請取ったことを返事したが、光秀が秘蔵していた郷義弘の脇指が目録に見えないがこれはどうしたのかと問うた。

すると秀満は、この脇指は光秀秘蔵のものであるから、死出の山で光秀に渡すため秀満自ら腰に差すと答えたとされる。

14日の夜、秀満は光秀の妻子を刺し殺し、自分の妻も刺殺し、自分は腹を切り、煙硝に火を放って自害したとされる(『川角太閤記』)。

秀満の父は秀満が死去した後に間もなく丹波横山で捕らえられ、7月2日、粟田口で張付にされたとあり、『言経卿記』では、この父の年齢を63歳としている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

明智秀満(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【明智秀満(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)