【時代】 戦国時代 ‐ 安土桃山時代
【生誕】 天文18年(1549年)
【死没】 天正6年(1578年)
【別名】 通称:甚太郎
【主君】 織田信長
【氏族】 安宅氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

天文18年(1549年)、三好長慶の弟・安宅冬康の長男として生まれる。

永禄6年(1564年)、父が長慶に殺されたため、家督を継いで淡路国の水軍の総指揮官となる。

[sengoku-2]

織田信長上洛後、信長包囲網が敷かれると石山本願寺と結んで織田氏と敵対したが、元亀3年(1572年)に足利義昭及び信長に降伏してその臣下となった。

義昭と信長の手切れ後は織田水軍の一員となり、石山本願寺を支援する毛利氏の誘いを拒否して、天正5年(1577年)には木津川口の戦いにおいて毛利水軍と戦った。

[sengoku-3]

天正6年(1578年)に死去。

享年30。

後を弟・清康が継いだ。

ただし、一次史料から判明するのは、冬康の没後に嫡男の「神太郎○康」が継ぎ、その後を冬康の兄三好実休の三男「神五郎某」が継承したという事実のみである。

神太郎・神五郎の実名が信康・清康であった可能性もあるが、それを裏付ける史料は存在せず、信康・清康兄弟の実在性も不明である。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

安宅信康(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【安宅信康(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)