【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 不明
【別名】 広盛、通称:七郎三郎
【官位】 左近大夫(左近太夫)
【主君】 武田勝頼→滝川一益→後北条氏
【氏族】 安中氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

上野国安中城主。

安中氏は上野碓氷郡を本拠とした国人。安中城・松井田城を有し、代々山内上杉家に仕えたが、安中重繁の代の永禄8年(1565年)から翌年において、武田信玄の侵攻により安中城が落城し、その子・景繁が安中氏を継いだ。

景繁は、武田信玄に仕え各地を転戦したが、天正3年(1575年)5月、長篠の戦いにおいて討死し、安中氏は多くの一族を失った。

[sengoku-2]

久繁は景繁の子とされているが、久繁を上杉氏に従属していた羽生城・女淵城在番の左衛門尉に比定する説もあり、その説に従うと安中城主である左近大夫とは別人になる。

また、安中久繁を上杉謙信の人質となっていた安中重繁の次男もしくは久繁を上杉憲政に従って越後国に逃れた安中長繁系統の人物と推定する説もある。

なお、深谷上杉氏の上杉憲盛の娘が安中城主に嫁いだとする系図も存在しており、安中氏が後北条氏に従属していた時期に上杉憲盛と安中左近大夫との間に婚姻が成立したとみられている。

[sengoku-3]

天正3年(1575年)、景繁が没すると久繁が安中氏を継ぎ、武田勝頼に仕えた。

久繁は、天正6年(1578年)に赤城神社に本領回復の祈願文を奉納している。

天正8年(1580年)には、久繁は武田勝頼の上州攻略の一翼を担っており、膳城(上野)攻略にも参加した。

天正10年(1582年)には武田信廉と共に大島城(信濃)を守ったが、織田勢が攻めてくると城を捨て上野に退却した。

天正10年(1582年)3月、織田家の重臣・滝川一益が上野を支配すると他の上野衆と同様にこれに従ったが神流川の戦いに敗れ、以降は後北条氏に属した。

天正12年(1584年)、久繁は、北条氏直から笠原政尭と共に厩橋城の当番に命ぜられている。

天正18年(1590年)小田原征伐にて後北条氏が敗れると、安中氏は没落した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

安中久繁(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【安中久繁(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)