【時代】 戦国時代
【生誕】 明応元年(1492年)
【死没】 天文23年11月1日(1554年11月25日)
【改名】 孫四郎(幼名)→国久
【別名】 姓:吉田氏
【官位】 刑部少輔、紀伊守(受領名)
【主君】 尼子経久→晴久
【氏族】 尼子氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

尼子氏の家臣。

新宮党党首。

明応元年(1492年)、出雲国の戦国大名尼子経久の次男として誕生。

永正9年(1512年)頃に室町幕府管領・細川高国の偏諱を受け国久となる。

姓は尼子ではあるものの、千家文書(出雲大社宮司の家系)では「尼子殿御子息吉田の孫四郎殿」と記載されており、出雲吉田荘の吉田氏に養子に入っていたと思われる。

吉田氏は宇多源氏佐々木氏の傍系であり、幕府奉公衆の地位を与えられた守護不入の特権を持つ豪族であった。

これは塩冶氏に養子入りした弟・興久と同等の国人懐柔策を父・経久が行ったものと思われる。

後に反乱を起こし討伐された興久が所有していた出雲西部塩冶地帯も継承している。

[sengoku-2]

国久は月山富田城の東北にある新宮谷にあったことから名づけられた戦闘集団・新宮党の頭領であった。

『伯耆民諺記』によれば大永4年(1524年)、大永の五月崩れにおいて伯耆国にある尾高城・不動ヶ城・羽衣石城などの諸城を次々に攻略したとされる。

また『陰徳太平記』によれば天文9年(1540年)、主君・晴久は大内氏への牽制も兼ね、安芸国の国人毛利氏の討伐を計画し、その偵察を兼ねて国久らは3千を率いて備後国へ遠征したとされる。

備後国から江の川を渡河して吉田郡山城へと進軍する道を拓くため、宍戸氏を攻略するも反撃にあい失敗。

晴久も石見路から3万騎を率いて吉田郡山城へと進軍したが敗北に終わったが、後に大内義隆が出雲へと侵攻した際に、新宮党を率いた国久の奮戦により撃破している(吉田郡山城の戦い)。

[sengoku-3]

その後は備後・伯耆などの諸国へ遠征し、尼子氏の先頭に立って戦っている。

このように国久は、多大な武功を挙げて尼子氏の勢力拡大に貢献し、父から晴久の後見人に指名されるほどであったが、娘婿でもある晴久とは方針を巡って意見を異にし対立する事がしばしばあった。

また、新宮党は吉田氏・塩冶氏の領地を直轄し、出雲において晴久をも凌ぐ影響力を持っていた。

そのうえ新宮党の中には自らの武威を笠に着て横柄な振舞をする者も多く、他の尼子家の譜代家臣達と衝突することもあった。

そのため晴久との関係は次第に悪化していき、この経緯は鰐淵寺文書にも書かれている。

その後、晴久の正室である国久の娘が死去するとこれを契機として、天文23年(1554年)に子の誠久ら一族と共に誅殺された。

享年63。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

尼子国久(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【尼子国久(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)