【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 永禄4年(1561年)
【改名】 赤法師(幼名)→元親
【別名】 旧暦:弥三郎、弥六
【官位】 縫殿允、右京亮、備前守(受領名)
【主君】 毛利元就
【氏族】 粟屋氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

毛利氏の家臣。

毛利氏の五奉行の一人で、毛利十八将の一人。

祖父は粟屋元秀、父は粟屋元忠。

毛利氏家臣・粟屋元忠の子として生まれ、毛利元就に仕える。

[sengoku-2]

享禄5年(1532年)7月13日付の毛利氏家臣団32名が互いの利害調整を元就に要請した連署起請文では、22番目に「粟屋弥六元親」と署名している。

天文9年(1540年)に内紛を起こしていた平賀氏の頭崎城攻撃や、同年秋から始まる吉田郡山城の戦いにも参戦して戦功を挙げた。

[sengoku-3]

天文24年(1555年)の厳島の戦いの後の防長経略でもその武勇を発揮した。

また、毛利隆元の側近として内政面にも優れ、毛利氏の五奉行制度が成立すると、赤川元保、国司元相、桂元忠、児玉就忠らと共に、その一人として活動した。

永禄4年(1561年)に死去。

家督は次男の元信が継ぎ、五奉行職も元信が引き継いだ。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

粟屋元親(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【粟屋元親(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)