【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 不明
【死没】 慶長12年6月19日(1607年8月11日)
【別名】 通称:弥三郎
【官位】 縫殿允、備前守
【主君】 毛利元就→隆元→輝元
【氏族】 源姓粟屋氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。

毛利氏の家臣。

粟屋元秀の子である粟屋元宗の子として誕生。

弟に粟屋(豊島)就信がいる。

[sengoku-2]

天文6年(1537年)に元服し、毛利元就から偏諱を受けて粟屋元通と名乗る。

天文17年(1548年)の備後国神辺城攻めに出陣したのを初め、天文24年(1555年)からの防長経略における下松への侵攻や須々万沼城の戦い、永禄10年(1567年)から永禄11年(1568年)にかけての伊予攻めなどで活躍した。

それらの功績により、周防国岩国の代官も務め、元亀3年(1572年)の毛利氏掟内でも年寄衆として確認できる。

[sengoku-3]

宇喜多氏との戦いにも参加し、桂就宣らと共に備中国飯山城の守将となった。

城下の宝妙寺阿弥陀堂に天正9年巳5月吉日付の当時の落書きが残されている。

毛利元就の勧請によって創建された鳴石山八幡神社を天文2年(1533年)に再建。

その際に寄進したと思われる獅子頭が現存している。

天正13年(1585年)に家督を嫡子・元定に譲り、慶長12年(1607年)に死去。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

粟屋元通(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【粟屋元通(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)