【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 天文3年(1534年)
【死没】 慶長14年10月19日(1609年11月15日)
【改名】 彦五郎(幼名)→家成
【官位】 従五位下、日向守
【主君】 徳川家康
【藩】 美濃大垣藩主
【氏族】 石川氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。

徳川氏の家臣。

美濃大垣藩の第2代藩主で、徳川家康の母方の従兄、石川数正の叔父に当たる。

伊勢亀山藩石川家2代。

徳川十六神将の1人に数えられる。

天文3年(1534年)、石川清兼の三男(次男説もある)として三河国西野(現在の愛知県西尾市)で誕生。

母は家康の生母於大の方の妹。

家康が今川義元の人質であった頃から仕えた譜代の家臣である。

永禄元年(1558年)、寺部攻めで先鋒を務めた。

[sengoku-2]

永禄3年(1560年)の丸根砦攻略戦、同4年(1561年)の鳥羽根城攻略戦、同6年(1563年)の三河一向一揆鎮圧戦、元亀元年(1570年)の姉川の戦いのいずれにも参戦し、西三河の旗頭(東三河は酒井忠次)として家康初期の覇業に貢献した。

三河一向一揆の際は熱心な一向宗信者であったにも関わらず、父の清兼と共に他宗に改宗して家康に忠誠を尽くした。

永禄12年(1569年)、今川氏真が没落したため、遠江国掛川城主に任命されている。

同年、甥の数正に西三河の旗頭の地位を譲っている。

[sengoku-3]

天正8年(1580年)、長男の康通に家督を譲って隠居した。

天正18年(1590年)、後北条氏滅亡後に家康が関東に移封されると、伊豆梅縄に5000石の隠居料を与えられた。

慶長12年(1607年)、大垣藩初代藩主であった康通が死去したため、家督に復帰して第2代藩主となる。

ただし1度隠居した身で、また高齢のためか幕政には関与していない。

慶長14年(1609年)10月19日(29日とも)に死去した。

享年76。

跡を外孫で養子の忠総が継いだ。

家康無二の忠臣と言われ、その信任は厚かった。

その経緯から家成の死後、本来なら無嗣断絶するところを石川家は存続を許された。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

石川家成(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【石川家成(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)