【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 慶長元年4月9日(1596年5月6日)
【改名】 藤長→一遊斎(号)
【別名】 通称:七郎
【官位】 従五位下、式部少輔
【主君】 足利義輝 (義藤)
【氏族】 式部一色氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武士。

室町幕府の御供衆。

室町幕府の守護大名・一色氏の一族式部一色氏の出身で、宗家の一色義貫の代に家督争いをした一色持範の子孫にあたる。

当初は一色宗家の領国・丹後国で郡代を務めていたとされる。

[sengoku-2]

天文6年(1537年)に父祖同様に式部少輔に任官され、同13年(1544年)に13代将軍の足利義藤(後の義輝)より所領を拝領する(後に加増される)。

天文18年(1549年)に父が亡くなると奉公衆となっていた一色式部家の当主となり、細川輝経らと共に義輝に近仕した。

天文21年(1552年)に従五位下となり、足利義藤より偏諱を受け藤長と称す。

一色氏は御部屋衆の家柄であったが、藤長の時代に格上の御供衆となり、伊勢貞孝が討たれた後にはその所領の一部を与えられている。

永禄8年(1565年)の永禄の変で義輝が殺害されると、三好三人衆らに興福寺に幽閉された一乗院覚慶を細川藤孝、三淵藤英、和田惟政、仁木義政、米田求政らと共に脱出させて救出した。

義昭の将軍就任後も御供衆にあり諸大名との取次役も務めたが、細川藤孝らと比べて必ずしも重要な地位にいた訳ではなかった。

[sengoku-3]

藤長の存在感が高まったのは、元亀4年(1573年)に義昭が織田信長と対立した頃からとみられている。

同年に足利義昭が織田信長によって京を追放されると、義昭に従って紀伊国に下る。

その後、義昭が備後国鞆へ移った際は、畿内との連絡役のために義昭から紀伊田辺城(泊城)に留まることを命じられたが、これに従わずに鞆の義昭を追いかけたために不興を買い、家臣の地位を失う。

藤長は毛利氏に懇願して復帰を願うものの、天正4年(1576年)までに許されることなく、義昭の下を去らざるを得なくなった。

その後、細川藤孝を頼っている。

以後の動静の記録は、細川家で催された能会に出席したことに関する記述が大半で、合戦の参加記録などはない。

後になって義昭の下へ挨拶へ向かっている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

一色藤長(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【一色藤長(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)