【時代】 戦国時代
【生誕】 延徳元年(1489年)
【死没】 永禄7年(1564年8月21日)
【別名】 宇駿、受領名:駿河守、通称:四郎右衛門尉
【主君】 上条定憲→長尾晴景→長尾景虎(上杉謙信)
【氏族】 宇佐美氏(藤原南家・工藤氏支流)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

越後国(現在の新潟県)において琵琶島城(現在の柏崎市元城町付近)に勢力を持っていたとされている。

伊豆国宇佐美荘(現在の静岡県伊東市宇佐美)を発祥とし、越後守護上杉家の重臣を務めた宇佐美氏出身。

宇佐美定満は「宇駿」「宇佐美駿河守」「宇佐美駿河守定満」「宇駿定満」の名で一次史料に登場し、その活動が確認出来る。

越後守護上杉定実に味方して、守護代長尾為景と抗争していた宇佐美弥七郎房忠は、永正11年(1514年)越後岩手城にて敗死。

新沢佳大はこの時に城より逃げ落ちた「弥七郎息」を定満に比定し、従来、定満の祖父とされてきた宇佐美孝忠と父とされてきた房忠は同一人物であり、房忠は孝忠の晩年の名前であったとする。

[sengoku-2]

岩手城落城の約20年後、定満は為景と守護上杉家一門上条定憲との抗争(越後享禄・天文の乱)において定憲側の武将として登場する。

当初為景側であった定満は離反した後、諸方へ計略を巡らせ、天文4年(1535年)5月に上田衆・妻有衆・藪神衆・大熊氏らと共に定憲側に集結した。

しかし宇佐美・柿崎勢は天文5年(1536年)4月10日に行われた三分一原の戦いで為景勢に敗北している。

なお、この時期「宇佐美四郎右衛門尉」なる人物が定憲側の武将として活動している。

新沢はこれを定満に比定しているが、『越佐史料』や『上越市史資料編3古代・中世』では別人として扱っている。

[sengoku-3]

天文17年(1548年)に長尾景虎(上杉謙信)が家督を継ぐと定満はこれに従い、景虎と対立した上田長尾家の当主長尾政景に備えて要害に入る。

天文18年(1549年)6月、景虎の家臣平子孫太郎に宛てた書状によると、定満は政景側の計略や脅迫を受けており、まだ自身に力が無く、家臣も士気が低下しているため、自分達だけに備えを任せれば後悔するであろうことを訴えている。

一時景虎より離反するが、後に復し、天文20年(1551年)正月には政景側の発智長芳・穴澤長勝らと交戦。

一方、同年夏頃に定満と平子孫太郎の間で多劫小三郎の遺領を巡っての対立が発生したらしく、孫太郎や大熊朝秀・直江実綱・本庄実乃ら景虎の奉行人に対して裁定への不満を訴えるとともに、知行の加増が無く、家臣の戦意も失われている状況を嘆いている。

その後、景虎と政景の抗争が終結すると定満の名は確実な史料上から消える。

高橋修は定満は景虎に重用されず宇佐美家は没落したとする。

ただし宇佐美家そのものが断絶したわけでは無く、永禄10年8月、武田信玄の信州侵攻への防備強化に携わった者の中に「宇佐美平八郎」の名が見えている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

宇佐美定満(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宇佐美定満(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)