【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 不明
【改名】 八郎(幼名)→興家
【氏族】 宇喜多氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

備前国の国人。

浦上氏の家臣。

宇喜多能家の嫡男。

浦上氏家臣の砥石城主・宇喜多能家の嫡男として誕生。

[sengoku-2]

大永4年(1524年)、父・能家より家督を譲られるが、天文3年(1534年)に父が島村盛実により砥石城を攻められ自害すると、子・直家を連れ備後国鞆津まで落ち延びる。

後に備前福岡の豪商・阿部善定に庇護されると、善定の娘を娶り、忠家、春家の男児2人に恵まれた。

なお、『常山紀談』では興家は愚であったため、阿辺定善に養われて牛飼童となり、年経て召使ふ下女を娶わせて子が3人、直家・忠家・春家としている。

[sengoku-3]

天文5年(1536年)に病死。

なお、没年は天文9年(1540年)とする説もある。

また家臣達に暗愚と言われそのストレスで自害しこの事が家臣のや嫡子・直家の混乱を招くと考えた正室や側妻、重臣らが自害した事を隠すため病死したと嘘をついたという説も。

ただ直家は興家が自害した事を見抜いていたともいう。

既に家督を譲られ家長となっていたにも関わらず、抵抗もせず城を明け渡し逃亡したことを受け、興家は暗愚であったと後世評されるが、宇喜多氏の家名や幼い直家を守るためにあえて暗愚を装っていたという説もある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

宇喜多興家(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宇喜多興家(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)