【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文7年(1538年)
【死没】 天正18年8月17日(1590年9月15日)
【改名】 竹光丸(幼名)→綱清
【別名】 縄清(つなきよ)
【主君】 那須資胤→資晴
【氏族】 大田原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

那須氏の家臣。

大田原氏は那須七騎の一つ。

天文7年(1538年)、大田原資清の三男として誕生。

[sengoku-2]

天文18年(1549年)の喜連川五月女坂の戦いで初陣して戦功を挙げたとされている。

永禄3年(1560年)、父・資清が没すると家督を継いだ。

家督を継承すると、しばしば大関氏ら上那須衆と共に、主君・那須氏と対立したが、永禄11年(1568年)に和睦が成立すると、下野宇都宮氏を初めとする周辺勢力と戦い、主家を盛り立てた。

[sengoku-3]

天正13年(1585年)、那須資晴と共に薄葉ヶ原の戦いにて塩谷義綱・宇都宮国綱連合軍を打ち破った。

同年暮れには資晴の許しを得て大関高増・福原資孝の兄2人と図り、千本資俊・資政父子を謀殺し、その遺領を分配した。

天正18年(1590年)、病に倒れたために嫡男・晴清に家督を譲った後、死去。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

大田原綱清(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【大田原綱清(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)