【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 天文23年(1554年)
【死没】 慶長18年6月24日(1613年8月10日)
【別名】 仮名:才蔵、渾名:笹の才蔵
【主君】 斎藤龍興→柴田勝家→明智光秀→前田利家→織田信孝→豊臣秀次→佐々成政→福島正則
【氏族】 可児氏(伴姓)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。

槍の名手として知られた。

通称の才蔵(さいぞう)でよく知られている。

天文23年(1554年)、美濃国可児郡(現在の岐阜県南部)に生まれ、幼少期を願興寺で過ごす。

寺伝では元朝倉氏の側室の子として生まれたという伝えがある。

宝蔵院流槍術の開祖、覚禅房胤栄に槍術を学んだとされる。

笹の指物を背負って戦い、戦いにおいては敵の首を討つことが常に多くてとても腰に抱えることができなかった。

このため指物の笹の葉をとって首の切り口に入れておいた(あるいは口にくわえさせた)という。

このため、才蔵の討った首と合戦の直後にすぐにわかったという。

これらの経緯から、「笹の才蔵」と称された。

[sengoku-2]

織田信長の家臣であった柴田勝家、明智光秀、前田利家らに仕えた(後述するように、森長可に仕えた時期もあったとする説もある)。

そして信長の三男・信孝に仕えるも、天正11年(1583年)に信孝が羽柴秀吉の攻撃を受けて自害したため、秀吉の甥・秀次に仕えた。

しかし小牧・長久手の戦いで秀次が徳川家康に大敗を喫すると、秀次と対立して浪人になった。

その後、伊予国11万石の領主となった福島正則に仕えて750石の知行を与えられた。

天正18年(1590年)の小田原征伐では北条氏規が守備する韮山城攻撃に参加し、先頭に自ら立って攻撃した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは福島軍の先鋒隊長として参加し、前哨戦の岐阜城の戦いでも3、関ヶ原本戦でも敵兵の首を17も取り、家康からも大いに賞賛された。

ただし17のほうは戦後に笹の葉を含ませていた首の数である。

この武功により、正則から500石を新たに知行として与えられた。

後に746石に加増された。

[sengoku-3]

正則が関ヶ原の功績により安芸国広島藩に加増移封されると、それに従って広島に赴いた。

才蔵は若い頃から愛宕権現を厚く信仰していたため、「我は愛宕権現の縁日に死なん」と予言していたとされる。

その予言通り、慶長18年(1613年)6月24日の愛宕権現の縁日の日、潔斎して身を清め、甲冑を着けて床机に腰掛けたまま死去したと伝えられている。

遺言により広島の矢賀の坂の脇に葬られ、「尾州羽栗郡の住人可児才蔵吉長」と刻んだ石塔が建てられたという。

現在は広島市東区東山町の才蔵寺にて弔われている。

享年60。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

可児才蔵(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【可児才蔵(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)