【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永禄4年(1561年)
【死没】 慶長5年7月19日(1600年8月27日)
【別名】 重茂、秀重、秀望
【主君】 織田信長→織田信雄
【氏族】 加賀井氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。

美濃国加賀野井城主。

別名に重茂、秀重、秀望。

永禄4年(1561年)、加賀井重宗の子として生まれる。

幼名は弥八郎。

はじめ織田信長に仕え、その死後は次男の織田信雄に仕えた。

[sengoku-2]

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは父と共に織田方として戦い武功を挙げた。

しかし加賀野井城は豊臣軍によって落とされ、父は豊臣秀吉に仕えることを潔しとせずに隠棲したが、重望は秀吉に使番として召しだされ、1万石を与えられた。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い直前、三河国池鯉鮒(現・愛知県知立市)において水野忠重、堀尾吉晴らと宴席を共にしていたとき、些細なことから口論となって忠重を殺害し、吉晴を負傷させたが、自らも吉晴によって殺害された。

享年40。

重望の子息(名は不詳)は、西軍の主力が惨敗したのち、大垣城に籠城した。

落城の際、忠重の子・水野勝成に処刑されたといわれる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

加賀井重望(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【加賀井重望(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)