【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 天正3年(1575年)
【死没】 元和元年(1615年)
【改名】 信景、直吉
【別名】 信連、愛信、通称:十左衛門、渾名:南部の光り武者
【主君】 南部利直
【氏族】 桜庭氏→北氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。

通称は十左衛門、名は信連、愛信とも伝わる。

後に直吉と改名した。

南部氏家臣・桜庭光康の子で、後に南部氏の宿老であった母方の伯父の北信愛の養子となる。

[sengoku-2]

父と同じく南部氏に仕え、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、養父・信愛の守備する花巻城が伊達政宗に煽動された和賀忠親の一揆(岩崎一揆)によって包囲された際、これを救援して一揆勢を撃退している。

この時の功績で主君の南部利直より諱の一字を拝領し、直吉と名乗った。

また白根金山を発見しその奉行となって盛岡藩の財政に貢献したが、主君の利直とは仲が悪く、のちにそれが原因で出奔した。

[sengoku-3]

慶長19年(1614年)からの大坂の陣では豊臣氏に味方し、南部十左衛門信景と名乗り、派手な甲冑を身に付けて活躍したことから「南部の光り武者」と称された。

大坂の陣後、伊勢で捕らえられて南部家に引き渡され、盛岡で利直自らの手により処刑された。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

北信景(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【北信景(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)