【時代】 戦国時代
【生誕】 文亀3年(1503年)
【死没】 永禄6年9月17日(1563年10月4日)
【改名】 親平(初名)→具国→晴具
【別名】 天祐(法号)
【官位】 従四位下、左近衛中将、参議、伊勢国司(知行国主)
【氏族】 北畠家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の大名・公家。

伊勢国国司北畠家の第7代当主。

子に具教、木造具政、具親ら。

第6代当主・北畠材親(具方)の嫡男として生まれる。

晴具は文武両道の名将で、弓馬の達人で和歌・連歌・茶道をよくし、能書家でもあった。

[sengoku-2]

享禄2年(1529年)、高国・足利義晴が三好元長・柳本賢治に敗北し、近江朽木谷へ逃亡した。

高国は娘婿の晴具に援軍を要請するため伊勢へ下向した。

その後、享禄4年(1531年)に晴具の支援を受けた高国は再起を図り摂津まで侵攻し、細川晴元や三好元長と摂津天王寺で戦うも敗北し、大物浦で討死した(大物崩れ)。

天文年間、晴具は志摩の鳥羽城を攻撃し、支配下に収める。

そして小浜氏ら国人を掌握して志摩国をほぼ制圧した。

その後、大和にも進出して吉野郡と宇陀郡を制圧し、支配下に収めている。

しかしこの大和侵攻により、大和諸国人との対立が発生し、筒井氏・越智氏・十市氏・久世氏らと合戦に及んでいる。

紀伊へも進出し、熊野地方から尾鷲・新宮方面までを領有化、十津川まで支配領域を広げた。

[sengoku-3]

晴具は伊勢国内でも北伊勢の雄たる長野氏と対立して争った。

天文12年(1543年)には長野藤定が北畠の領する南伊勢に侵攻すると、晴具は垂水鷺山に出陣、合戦となった(垂水鷺山の戦い)。

北畠軍は家城之清、豊田五郎左衛門、垂水釈迦坊を、長野軍は細野氏・分部氏をそれぞれ主力にし、激しい戦闘の末、決着はつかずに双方退却することとなった。

天文16年(1545年)から天文18年(1547年)にかけて、晴具は長野氏に反撃を仕掛け、葉野の戦いで長野方の分部与三衛門を討ち取るなど一志郡内で攻防を続けたが、長野氏を降すことはできなかった。

長野氏が降伏するのは次の具教の代である。

また、伊勢山田三方の神人層の対立にも介入し、天文3年(1534年)1月に山田三方が自身の命令に従わないことを理由に出兵、宇治・山田の両門前町の軍勢を宮川の戦いで討ち、両門前町を支配下におさめている。

天文5年(1536年)、出家して「天祐」と号した。

天文22年(1553年)、隠居して家督を嫡男の具教に譲った。

永禄6年(1563年)、多気御所で死去、享年61。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

北畠晴具(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【北畠晴具(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)