【時代】 安土桃山時代
【生誕】 永禄2年(1559年)
【死没】 慶長5年8月23日(1600年9月30日)
【別名】 三郎四郎(通称)、式部大輔(受領名)
【主君】 島津義久
【氏族】 喜入氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代の薩摩国島津氏の家臣。

喜入季久の長男として誕生、家督を継ぐと喜入(現・鹿児島市喜入町)と鹿籠(現・鹿児島県枕崎市)併せて5,148石を領した。

[sengoku-2]

犬追物の上手であったようで、天正3年(1575年)11月に催されたそれでは、11疋を射る腕前を見せている。

武将としては、天正13年(1585年)の肥後御船城攻めに従軍、天正15年(1587年)に豊臣秀長により新納院高城が攻められると、山田有信と共に城に籠り、島津義久の説得により降伏すると、有信の嫡子・山田有栄共々豊臣方の桑山重晴の人質となった。

[sengoku-3]

その後に、喜入・鹿籠から永吉(現・鹿児島県鹿児島市永吉)へ転封となる。

また、一男一女があったが共に早世したため後継ぎがなく、島津義弘の四男・万千代丸を養子に迎える予定であった。

しかし、万千代丸も9歳で夭折したことから、天正17年(1589年)義久の命により出家していた末弟の忠続が養子とされた。

慶長5年(1600年)8月に死去した。

享年42。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

喜入久道(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【喜入久道(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)