【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 不明
【死没】 元和元年12月2日(1616年1月20日)
【別名】 晴澄
【官位】 伯耆守
【主君】 筒井順慶→定次→豊臣秀長→秀保→秀吉→秀頼→南部利直
【氏族】 筒井氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。

大和国岸田領主。

はじめ大和の戦国大名・筒井順慶に仕え、2,000石を領したが、筒井定次の代に伊賀国へ転封となると、大和を治めた豊臣秀長や養子・秀保に仕えた。

[sengoku-2]

秀保の死後は豊臣秀吉の家臣となり、大和山辺郡岸田1万石を賜る。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは石田三成方に属し、8月11日に東軍を撹乱するために三河国藤川に放火を試みるが失敗し、町民に武装を解除され、家臣の岸田弥右衛門が処刑された。

[sengoku-3]

9月15日の関ヶ原本戦では、豊臣秀頼配下の黄母衣衆として織田信高、伊藤盛正らと小西行長の陣営に加わり戦ったが敗れたため、改易となり、慶長6年(1601年)11月に陸奥国盛岡藩主・南部利直に預けられた。

元和元年(1616年)、死去。

享年70余。

光林寺に葬られた。

子孫は盛岡藩士として存続した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

岸田忠氏(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【岸田忠氏(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)