【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 永禄5年(1562年)
【死没】 慶長14年6月29日(1609年7月30日)
【改名】 小五郎(幼名)→兼仍→兼篤
【別名】 通称:狩之介、伴兵衛
【官位】 越前守
【主君】 島津義久→忠恒
【氏族】 喜入肝付氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。

喜入肝付氏初代当主。

喜入肝付氏は肝付氏12代・肝付兼忠の三男・兼光を祖とする庶流。

永禄5年(1562年)、肝付兼盛の子として生まれる。

[sengoku-2]

天正18年(1590年)兄・兼寛が嗣子のないまま没し、肝付家の家督は、島津家重臣伊集院忠棟の強い求めで、忠棟の三男・兼三が相続することとなる。

慶長4年(1599年)当主兼三が、実父忠棟の誅殺事件により、肝付家を離れたことで、親族間の相談により、先々代兼盛の実子・兼篤を相続者と決定し、主君・島津義久の許しと義弘、忠恒の同意を得て家督相続した。

同年忠棟の嫡男・忠真が庄内の乱を起すと、義弘、忠恒の命で討伐の軍に加わる。

[sengoku-3]

慶長10年(1605年)、家中で従兄弟兼秋、兼堯兄弟(叔父肝付兼有の子)による肝付家の家督相続を狙った陰謀が露見し、それを収める。

慶長14年(1609年)主君・家久の琉球出兵に従い出陣する。

琉球からの帰国後、病により同年6月29日没。

享年48。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

肝付兼篤(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【肝付兼篤(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)