【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天文23年〈1554年〉
【死没】 寛永2年3月17日〈1625年4月23日〉
【別名】 丹斎(あきとき)、通称:孫兵衛
【官位】 大炊助、丹波守
【主君】 黒田職隆→孝高→長政
【氏族】 桐山氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。

福岡藩士。

黒田二十四騎の一人。

先祖は飛騨国大野郡桐山村の発祥。

後に近江国坂田郡加田村に移住して地侍となった。

[sengoku-2]

天文23年(1554年)、桐山為興の次男として加田村で誕生。

その後、播磨国の黒田職隆に小姓として仕える。

永禄12年(1569年)の英保山合戦で初陣。

天正15年(1587年)の城井鎮房の反乱においては、黒田孝高の居城の馬ヶ岳城と城井谷城の間にある神楽山城を、原種良・黒田宇兵衛(小寺休夢の子)と共に防衛した。

天正16年(1588年)、965石を拝領。

文禄・慶長の役でも戦功を挙げる。

途中で帰国した際には、黒田長政の使者として豊臣秀吉に拝謁して講和の祝辞を述べ、秀吉から甲冑を下賜された。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際には合戦に参加せず、馬ヶ岳城の防衛に当たった。

戦後、黒田利則が名島城の受け取り役を務めた際にそれを補佐し、城主・小早川秀秋の家老・平岡頼勝と交渉した。

[sengoku-3]

慶長6年(1601年)、黒田家が筑前国に移封された後、3,000石を拝領。

後に2,000石を加増され5,000石となっている。

宿場町として知られる山家村の初代代官を務め、この宿場の近くにあった交通の難所、冷水峠を開通させた。

現在でも桐山の功績を称えた石碑が残っている。

慶長9年(1604年)の孝高の死後、大炊助(後に丹波守)を称し、名も丹斎に改めた。

元和5年(1619年)の大坂城改築では、野村祐直・黒田内膳(監物)・黒田一成と共に総指揮となった。

寛永2年(1625年)3月17日、死去。

享年72。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

桐山信行(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【桐山信行(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)