【時代】 戦国時代
【生誕】 永正16年(1517年)
【死没】 天正16年3月12日(1588年4月7日)
【改名】 信用(幼名)→康用
【別名】 勘助、平右衛門
【官位】 石見守
【主君】 今川氏→徳川家康
【氏族】 近藤氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

近藤忠用の子。

通称、勘助、平右衛門、石見守。

はじめは信用。

全功と号した。

[sengoku-2]

永正16年(1517年)、近藤忠用の子として誕生。

父と共に今川氏に従っていたため、知行221貫文を安堵されていた。

今川氏の領国支配力に不安が見え始めた桶狭間の戦い以降も、同僚の鈴木重勝(子に鈴木重時)に同調、今川氏の傘下でいることを継続した。

[sengoku-3]

やがて、三河国の徳川家康が遠江国を窺うようになると、その懐柔工作によって今川氏を離反。

永禄11年(1568年)末からの家康による遠州攻め入りでは、子の秀用を従軍させていた。

老齢であるうえ、長年の戦働きによる負傷で歩行困難となっていたためである。

天正16年(1588年)、閉居先の井伊谷で死去。

72歳と伝わる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

近藤康用(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【近藤康用(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)