【時代】 戦国時代
【生誕】 大永3年(1523年)
【死没】 天文12年5月9日(1543年6月21日)
【改名】 詮平(初名)、正平
【別名】 又太郎
【官位】 掃部頭、備後守、美作守
【氏族】 小早川氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

安芸の国人領主。

沼田小早川氏の当主。

大永3年(1523年)、小早川興平の長男として生まれる。

[sengoku-2]

大永6年(1526年)、父の死去により家督を継いで当主となる。

はじめ大内氏に従属していたが、天文8年(1539年)に大内氏を裏切って尼子氏に従属しようとした。

しかし事前に大内義隆に事が露見したため、義隆によって派遣された大内軍によって居城の高山城を占領され、さらに大内氏の城番を派遣されて監視下に置かれることとなった。

[sengoku-3]

天文11年(1542年)、大内義隆が出雲遠征を開始すると(月山富田城の戦い)、それに従軍した。

しかし大内軍が大敗を喫して全軍撤退となったとき、義隆より殿軍を命じられ、天文12年(1543年)5月9日に尼子軍の攻撃を受けて出雲鳶巣川にて21歳で討死した。

長男の繁平が跡を継いだ。

後に義隆の横槍で平賀氏を継いだ平賀隆保は従弟に当たる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

小早川正平(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【小早川正平(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)