【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文6年(1537年)
【死没】 天正15年12月11日(1588年1月9日)
【主君】 長宗我部元親→小早川隆景
【氏族】 西園寺氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

伊予国の戦国大名。

伊予西園寺氏8代当主。

黒瀬城主。

西園寺十五将の一人。

[sengoku-2]

天文6年(1537年)、西園寺公宣の子として誕生。

もともとは伊予来住寺で僧籍にあったが、弘治2年(1556年)、当主であった伯父・西園寺実充の実子・公高が戦死したため、永禄8年(1565年)に実充の養嗣子として迎えられて還俗し、実充の娘・西姫の婿となり、家督を継承した。

同年、土佐国の一条兼定を攻める。

永禄11年(1568年)には毛利氏、河野氏と手を結んで一条兼定、宇都宮豊綱、津野氏を攻めて勝利した。(鳥坂峠の戦い)

元亀3年(1572年)にも一条氏を攻めたが、逆に兼定と縁戚関係にあった大友宗麟の攻撃を受けて大敗した。

[sengoku-3]

天正12年(1584年)、長宗我部元親の猛攻を受けて降伏し、さらに翌天正13年(1585年)、四国平定を図る豊臣秀吉配下の小早川隆景に降伏した。

その後は居城の黒瀬城のみを残され、新領主の隆景に属し九州平定に配下として従軍するなどしたが、天正15年(1587年)、新たに宇和の領主となった秀吉の家臣・戸田勝隆に戸田邸で謀殺された。

享年51。

実子も養子もなかったため、これにより大名としての西園寺家(伊予西園寺氏)は完全に滅亡した。

辞世の歌は「黒瀬山 峰の嵐に 散りにしと 他人には告げよ 宇和の里人」。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

西園寺公広(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【西園寺公広(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)