【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文13年2月8日(1544年3月1日)
【死没】 不明
【改名】 徳千代(幼名)、奝雲祖栄(入道名)
【官位】 大膳大夫
【氏族】 相良氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

肥後の武将。

相良氏の当主・晴広の次男。

天文13年(1544年)、相良晴広の次男として生まれるが、偶然にも腹違いの長男・義陽と同じ日に誕生した。

[sengoku-2]

その気性は大変荒く、これを憂えた父・晴広により出家させるようにと遺命されていたため、弘治2年(1556年)、永国寺に入れられ泰雲和尚に弟子入りして「奝雲(てううん)祖栄」と称する。

しかし、元来武勇を好む性分であったため、20歳を過ぎた頃に勝手に還俗し八代に住むようになった。

その後、島津氏の水俣城攻めが開始される前後に義陽と対立、八代の谷山に押し込められたが逃げ出し、飯野(あるいは栗野とも)に移り住んだという。

[sengoku-3]

天正9年(1581年)12月2日、義陽が響ヶ原(宇城市豊野)にて戦死すると、その後継に座ろうと同月22日に飯野から出兵して常秀寺へと入った。

これに多良木の地頭・岩崎加賀守が同調している。

またこの際に頼貞は人吉城を攻撃したらしく、この戦いにより岡本頼氏が負傷、その体内から火縄銃の玉が二個摘出されている。

深水長智は頼貞の元へ出向き、「人吉城の者は頼貞に従う意志があるが、上球磨の者達の意志が不明である為、出向いてほしい」との虚言を伝え、それを承諾して上球磨へと出向いた頼貞勢を島津勢が囲み、この謀反を成功させる難しさを説く。

頼貞はこれに諭され岩崎加賀と共に兵を退き、日向国へと去った。

その後の消息は不明。

日向国の伊東氏を頼ったとの史書もあるが、この頃既に伊東氏は日向国を追われており不可能である。

尚、子孫は栗野に住んだという。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

相良頼貞(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【相良頼貞(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)