【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 大永8年/享禄元年(1528年)
【死没】 天正10年1月16日(1582年2月18日)
【改名】 牛助(幼名)、信盛、夢斎定盛(号)
【別名】 通称:右衛門尉、半羽介、半介、渾名:退き佐久間
【主君】 織田信秀→信長
【氏族】 佐久間氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

織田氏の家臣。

平手政秀自害から主君の織田信長による折檻状で織田氏を離れるまでの約30年間、織田氏家臣団の筆頭家老として家中を率いた。

佐久間氏の当主。

通称は出羽介、右衛門尉。

子に信栄・信実。

従兄弟に佐久間盛次(佐久間盛政・佐久間安政・柴田勝政・佐久間勝之の父)がいる。

尾張国愛知郡山崎(現在の名古屋市南区)に生まれ、織田信秀に仕えた。

後に幼少の織田信長に重臣としてつけられ、信秀死後の家督相続問題でも一貫して信長に与し、信長の弟・信時を守山城に置く際に城主だった信長の叔父・織田信次の家臣・角田新五らを寝返らせ、信長の弟・信行の謀反の際も稲生の戦いで信長方の武将として戦った。

その功により以後家臣団の筆頭格として扱われ、「退き佐久間」(殿軍の指揮を得意としたことに由来)といわれた。

信長に従って各地を転戦し、織田家の主だった合戦に参戦した。

永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いでは善照寺砦を守備し、戦後に鳴海城を与えられた。

永禄11年(1568年)の近江国の六角義賢・義治父子との観音寺城の戦いでは箕作城を落とすなどの戦功をあげた。

吏僚としての活動も見られ、永禄10年(1567年)に徳川家康の長男・松平信康に信長の娘・徳姫が嫁ぐ際に岡崎城まで供奉、家康の領地と接する西三河を任された。

翌永禄11年の信長上洛後には畿内の行政担当者の1人に選ばれ、大和国の松永久秀を交渉で味方に付けている。

浅井長政が信長に敵対した直後の元亀元年(1570年)5月、近江永原城に配置され、柴田勝家と共に南近江を平定(野洲河原の戦い)、姉川の戦い、志賀の陣にも出陣している。

[sengoku-2]

元亀2年(1571年)8月、和田惟政が白井河原の戦いで敗死したため松永久秀が惟政の居城・高槻城を接収しようとしたが、信盛が交渉を行い撤兵させている。

9月、比叡山焼き討ちで武功を上げ、知行地として近江国栗太郡を与えられた。

11月には松永久秀と争っていた筒井順慶の帰順交渉も担当、久秀と順慶を和睦させたという。

元亀3年(1572年)4月、三好義継と松永久秀・久通父子が畠山昭高の交野城を攻囲したため、交野城の救援として派遣され三好等を退散させた。

7月には小谷城の城下町を攻撃。

10月、武田信玄が織田家への敵対を露わにした際には、岐阜城に2,000余りの兵と共に留守居として入り美濃の守備を固めている。

その後11月には平手汎秀・水野信元と共に3,000の兵を率い、徳川家康軍8,000の援軍に派遣されるも、信盛は27,000の武田軍を目の当たりにして、ほとんど戦わずして、遠江と三河の国境にある浜名湖付近の今切まで退却した(三方ヶ原の戦い)。

天正元年(1573年)4月、信長の名代として織田信広、細川藤孝と共に二条御所に派遣され、将軍・足利義昭と和睦の交渉を行った。

同月、柴田勝家、丹羽長秀、蒲生賢秀と共に、六角義治が籠城する鯰江城攻めを命じられ、四方に付城を築いて攻囲した。

8月、一乗谷城の戦いの直前、戦場から離脱する朝倉義景軍の追撃を怠った織田家臣団の面々は信長の叱責を受ける。

その際、信盛は思わず涙を流しながら「さ様に仰せられ候共、我々程の内の者はもたれ間敷(そうは言われましても我々のような優秀な家臣団をお持ちにはなれますまい)」と口答えをしてしまった為に信長をさらに怒らせ、厳罰を命じられそうになる。

他の家臣達の取りなしでその場では辛うじて処罰は免れたものの、信長からは相当根に持たれる事となり、後に突きつけられた折檻状の19ヶ条の中に上記の一件も加えられている。

その後は六角氏の菩提寺城を攻略し、続いて六角義賢の籠る石部城を包囲。

11月には足利義昭を匿った河内若江城主・三好義継を攻め、自害に追い込んでいる(若江城の戦い)。

天正2年(1574年)4月、前年から包囲を続けていた六角義賢の石部城を攻略。

後には信盛の軍勢が入れ置かれた。

7月には長島一向一揆攻めに従軍。

天正3年(1575年)の高屋城の戦い・長篠の戦いにも出陣している。

6月、奥三河の武節城を陥落させると奥平定能・信昌父子に城を預け、織田信忠の岩村城攻めに援軍として加わった。

8月には転戦して越前一向一揆征伐に参加。

11月、嫡男・信忠に家督と岐阜城を譲った信長を自らの館へと迎え入れている。

12月、信盛は与力の水野信元が、前月に降伏して処刑された武田氏の秋山虎繁と内通し、兵糧を密かに虎繁が籠っていた岩村城に流していたとして信長に訴えたという。

信長はこれに怒り、信元の甥である家康に信元を殺すように命じた。

これにより信元は石川数正に三河大樹寺に誘い出されて平岩親吉によって養子の信政共々暗殺された。

こうして信元の所領と居城であった刈谷城は信盛の直轄領に組み込まれた。

[sengoku-3]

天正4年(1576年)1月、織田信忠が千秋季信に熱田大宮神職を与えた文書に息子の信栄と連署で副状を発給している。

ほかに同様の事例が見られないことから当時、信忠を補佐する立場にあったことが指摘されている。

5月には石山合戦の一環であった天王寺の戦いで石山本願寺攻略戦の指揮官である塙直政が戦死したことを受け、信忠の補佐役を離れて対本願寺戦の指揮官に就任。

三河・尾張・近江・大和・河内・和泉・紀伊といった7ヶ国の与力をつけられた信盛配下の軍団は当時の織田家中で最大規模であったが、信盛は積極的な攻勢に出ず、戦線は膠着した。

この間にも天正5年(1577年)の紀州征伐と松永久秀討伐(信貴山城の戦い)にも織田軍の部将として出陣している。

天正6年(1578年)、与力の若江三人衆・多羅尾綱知が三箇城主の三箇頼照・頼連父子が毛利氏に通じて謀反を企んでいるとの噂を広めた。

これを知った信長は激怒して三箇頼連を捕縛させたが、信盛がその無実を訴えたため頼連は許された。

しかし多羅尾綱知は執拗に三箇父子を讒言したため、信長は信盛に頼連を誅殺するよう命じたという。

この時も信盛が信長を説得して翻意させたため頼連は救われた。

天正8年(1580年)3月1日、朝廷より本願寺へ派遣された講和の勅使(近衛前久、勧修寺晴豊、庭田重保)の目付として松井友閑と共に同行を命じられる。

8月2日、教如の本願寺退去を検視する勅使に友閑と共に再び同行した。

こうして本願寺との10年続いた戦に終止符が打たれた。

この時点まで信盛は近畿の地に織田家中で最大規模の軍団を統括していた。

同月25日、信長から19ヶ条にわたる折檻状を突きつけられて追放された信盛は、嫡男の信栄と共に高野山へと上った。

その後、高野山にすら在住を許されずにさらに南に移動したと伝えられ、佐久間家の郎党も信盛父子を見捨てて去っていった。

高野山に落ちる時はつき従う者は2、3名、熊野に落ちる時は1名きりだったという。

なお、この最後まで付き従った者は、後に信栄が赦されて帰参が叶った時、その忠誠心を賞されて小者の身分から士分に抜擢されたという。

『信長公記』はこの間の佐久間父子の凋落をあわれみをもって記している。

信盛失脚後に信長の実質的な本拠地である畿内方面軍の軍団を統率することになったのは明智光秀であり、本能寺の変への機会を与えた。

明智軍記には佐久間らへの情け容赦ない処分を引き合いに出して、明日はわが身と家中が反乱に傾いたという記述もあり、これが事実であれば動機面での影響もあったことになる。

ただし、高野山から追い出されたというのは、『信長公記』の誤謬だともされる。

神田千里によれば、佐久間信盛自身の書状や『多聞院日記』の記述から、信盛が高野山で平穏に余生を送ったことがわかるという。

高野山在住時、山岡景友が平井阿波入道と共に信盛を訪ねてきたことがあったという。

信盛はこれに感激し、涙を流して喜んだと伝わる。

天正10年(1582年)1月16日、紀伊国熊野あるいは高野山にて死去した。

享年55。

法名は洞無桂巌または宗佑。

直後に信栄は織田信忠付の家臣として帰参を許された。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

佐久間信盛(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【佐久間信盛(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)