【時代】 戦国時代
【生誕】 享禄4年8月23日(1531年10月3日)
【死没】 永禄8年11月3日(1565年11月25日)
【改名】 徳寿丸(幼名)→義昭
【別名】 次郎、佐竹義従(よしより、別名)、義顕(別名)
【官位】 右京大夫
【氏族】 佐竹氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

常陸の戦国大名で、佐竹氏の第17代当主。

常陸太田城主。

享禄4年(1531年)8月23日、第16代当主・佐竹義篤の次男として生まれる。

異母長兄の義友が庶子のために、後継者に定められた。

[sengoku-2]

天文14年(1545年)、父の死により家督を相続して第17代当主となる。

この頃の佐竹氏は内紛を収拾して、常陸北部を支配する戦国大名に成長していた。

このため、常陸統一に向けて勢力拡大に励んだ。

小田政治と共同して江戸忠通と戦い、勝利した。

弘治3年(1557年)、宇都宮氏で内紛が勃発すると、当主の宇都宮広綱の宇都宮城への復帰に協力し、のち娘を嫁がせている。

永禄元年(1558年)には岩城重隆が常陸に侵攻してくるが、これを小里で破り、婚姻関係を理由に有利な和睦を結んだ。

永禄3年(1560年)には結城晴朝を攻めて勝利し、さらに白河晴綱の寺山城を攻めて勝利した。

永禄5年(1562年)には上杉輝虎(上杉謙信)と同盟を結んで小山城を攻めた。

この年に長男の義重に家督を譲って隠居し、常陸府中城に移ったが、なおも実権は握り続けた。

[sengoku-3]

永禄6年(1563年)には那須資胤と戦って勝利し、永禄7年(1564年)には北条氏康や結城晴朝と手を結んだ小田氏治の攻撃を受けるが、義昭は上杉謙信・宇都宮広綱と手を結んで逆に小田領に侵攻して小田城を奪取し、氏治を土浦城にまで追いつめた(小田城の戦い)。

また、継室の実家である大掾氏に乗り込んで、事実上同氏を傘下に収めた。

永禄8年(1565年)11月3日、常陸統一を目前にして突如として急死した。

享年35。

このため、佐竹氏の常陸統一は後一歩のところでならなかった。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

佐竹義昭(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【佐竹義昭(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)