【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】  元亀3年(1572年)
【死没】 元和8年(1622年)または寛永10年(1633年)
【別名】 善左衛門、河野通軌
【主君】 毛利輝元、秀就
【氏族】 宍戸氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安芸国の戦国大名毛利氏一門宍戸氏の一族。

庶子であった。

毛利氏の一門である宍戸元秀の子として生まれる。

[sengoku-2]

河野通軌と同一人物ともされるが、「三丘宍戸家系」、「宍戸系譜」、「防長諸家系譜」には景好と通軌の関連については記されていない。

また、宍戸景世(平岡通賢と同一人物説あり)が河野通軌であったともされる。

菩提寺景好寺の縁起では、元和8年に51歳で死去したとされるが、寛永10年に死去ともされる。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、村上武吉・村上元吉らとともに伊予侵攻軍の主力として加藤嘉明の所領に攻め入るも、留守居役佃十成の奇襲(三津浜夜襲)によって敗北した。

関ヶ原の戦いの結果、毛利氏は防長36万石に移封され、景好もそれに従った。

慶長10年(1605年)の萩城築城に関わる毛利家中の騒動(五郎太石事件)では、宍道政慶・柳沢景祐とともに熊谷元直、益田元祥の仲裁にあたった。

周防国吉敷郡小鯖村を所領とし、同地で隠居、死去した。

後に直系子孫は毛利家を去り、彦根藩の井伊家に仕えた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

宍戸景好(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宍戸景好(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)