【時代】 戦国時代-安土桃山時代
【生誕】 天文3年(1534年)
【死没】 慶長元年(1596年)
【別名】 小四郎、甚三郎、神三郎
【官位】 越中守
【主君】 今川義元→徳川家康
【氏族】 三河設楽氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

設楽氏一族は、駿河今川家に仕えていたが、今川氏真の代になった永禄四年(1561年)に、野田の菅沼氏・西郷氏(「豊川三人衆」)らと、これに背き、三河徳川家に通じた。

以後は、徳川家康の傘下となり、永禄6年(1563年)の三河一向一揆では岡崎城にあって徳川勢の一翼を担った。

[sengoku-2]

翌7年(1564年)、今川方の東三河の拠点吉田城を、下條の白井、二連木(豊橋市)の戸田の軍勢とともに攻めた。

元亀元年(1570年)の姉川の戦いでは酒井忠次とともに朝倉軍と戦った。

元亀2年(1571年)に武田氏配下の秋山虎繁が領地に侵入した際、菅沼定盈、西郷義勝らと共に撃退した(竹広表の戦い)。

元亀3年(1572年)に菅沼正貞が領地に侵入した際、出澤砦にて滝川助義とともに撃退した。

元亀4年(1573年)の武田信玄による野田城の戦いでは、継室の実家である野田菅沼氏の菅沼定盈を支援すべく、手勢を率いて野田城に籠もる。

天正2年(1574年)、本家で反松平派の設楽清政(神三郎)と抗争。

清政は出奔し、その領地は貞通が相続した(その後、清政は北条氏直に仕えた)。

[sengoku-3]

天正3年(1575年)の長篠の戦いでは、酒井忠次率いる鳶ヶ巣山陣地への奇襲部隊に加わり、500兵と50挺の鉄砲で樋田に陣を構えた。

鳶ヶ巣山陣地奇襲は成功し、敗走する武田軍の退路を断った貞通は武田の敗残兵を討ったという。

設楽原古戦場の、いろはかるたには、「樋田(といだ)にて 退路をたちし 設楽貞通」とある。

信濃口の押さえとして一年間、三河国鳳来寺を守った。

長篠の戦いの後、家康が奥平信昌に設楽郡を知行地とする約束をしたことから、領地を駿遠両国に移される。

慶長元年(1596年)12月27日、文禄・慶長の役のさなかに死去した。

川路村の勝楽寺に葬られる。

法名は香山。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

設楽貞通(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【設楽貞通(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)