【時代】 戦国時代
【生誕】 永正9年(1512年)
【死没】 元亀2年6月12日(1571年7月4日)
【改名】 北郷忠親→島津忠親→泰心斎(法号)
【別名】 次郎左衛門(通称)、尾張守、豊後守
【氏族】 北郷氏→島津豊州家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の日向、薩摩の武将。

北郷氏9代当主、豊州家5代当主。

永正9年(1512年)、日向都城の領主・北郷忠相の長男として誕生。

[sengoku-2]

天文15年(1546年)、豊州家島津忠広の養子・島津賀久が夭逝したことから、忠親は北郷氏を長男・北郷時久に継がせ、自らは養子として豊州家に入った。

同18年(1549年)、養父の隠居により家督を継ぐ。

豊州家は代々日向伊東氏の侵攻に悩まされており、忠親も度々攻勢をしのいできた。

しかし次第に伊東氏の圧力は増大。

永禄3年(1560年)、島津宗家15代当主・島津貴久の次男で、猛将の誉れ高い義弘を養子として飫肥城の守備を任せた。

[sengoku-3]

同5年(1562年)、貴久の命で義弘が飫肥城を去ると伊東義祐が飫肥城を攻撃。

忠親は義祐と和解し一旦は城を明け渡すが、数ヵ月後には夜襲をかけ城を奪還した。

しかし永禄11年(1568年)、義祐は2万の大軍をもって再び侵攻し、途中島津宗家の援軍を撃退しつつ飫肥城を包囲した。

島津宗家は飫肥を放棄することを決定し、兵糧攻めにあっていた忠親は城を脱出、飫肥城は陥落した。

飫肥城落城後、庄内(都城)に移り、元亀2年(1571年)に同地で病死した。

享年68。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

島津忠親(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【島津忠親(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)