【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 不明
【別名】 吉忠、康久、次右衛門
【官位】 対馬守
【主君】 後北条氏→上杉景勝→最上義光
【氏族】 下氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

上杉氏、最上氏の家臣。

下氏は越後国揚北衆の黒川氏一族とされる。

下重実の次男として誕生。

[sengoku-2]

父・伊賀守重実は越後守護上杉氏の被官であったが、天文21年(1552年)に長尾景虎(後の上杉謙信)により切腹させられている。

兄・久長は御館の乱で上杉景勝方に与し、赤田合戦で討死した。

秀久は、一説によると一時後北条氏に仕えていたともいわれるが、天正17年(1589年)、上杉家の飛び地出羽国荘内三郡の代官として尾浦城主となった。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは最上領へ侵攻し、白岩城、次いで谷地城を攻略したが、直江兼続の撤退を知らされなかったために谷地城に孤立し、最上軍の猛攻を受けて降伏した。

[sengoku-3]

しかし最上義光は秀久を助命し荘内侵攻の先鋒に起用した。

秀久は尾浦城を攻略し、最上家臣として尾浦城主に復帰し2万石を給された。

また、義光の長男・義康の麾下に置かれ、その偏諱である「康」の字を与えられて、康久と改名しているが、後に義康が父の義光に殺されると元の秀久に名前を戻した。

没年は定かではないが、慶長13年(1608年)10月に奉納された金峰山釈迦堂棟札には「下対馬守秀久」の記名があるため、この時には健在であったとみられる。

跡を継いだ子・秀実は、慶長19年(1614年)に一栗高春の謀反により志村光惟(光清とも、志村光安の子)と共に謀殺された。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

下秀久(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【下秀久(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)