【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 不明
【死没】 寛永8年5月14日(1631年6月13日)
【別名】 通称:隼人、姓:荘林、城林、生林
【官位】 豊後守、伯耆守、隼人佐
【主君】 荒木村重→仙石秀久→加藤清正
【氏族】 庄林氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。

庄林隼人(しょうばやし はやと)の通称で知られる。

加藤十六将や加藤家三傑の一人。

庄林家は一心を初代として3代(子の一方、孫の一吉)で隼人と名乗ったという。

[sengoku-2]

当初は摂津国高槻の国人・荒木村重の家臣だったが、荒木氏没落後に仙石秀久に仕え、秀久改易後、加藤清正に仕えたとされる。

飯田直景、森本一久と共に加藤家三傑と謳われた。

[sengoku-3]

前述の2人に比べ家臣となった時期は遅かったが、清正の信頼は厚く、先手の大将として朝鮮出兵の第二次晋州城攻防戦では晋州城への一番乗りの手柄を得た他、天草一揆討伐などでも活躍し、朱槍を与えられたという記録が残る。

寛永8年(1631年)、死去。

子・一方は加藤氏の改易後に熊本藩主となった肥後細川氏に1380石で仕え、孫の一吉は島原の乱で細川家家臣として活躍した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

庄林隼人(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【庄林隼人(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)