【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 弘治3年(1557年)
【死没】 寛永19年12月20日(1643年2月8日)
【改名】 勘三郎(幼名)→正勝
【別名】 彦左衛門
【主君】 徳川家康→秀忠→家光
【氏族】 新見氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・旗本。

新見氏の祖。

弘治3年(1557年)、三河国にて新見正吉の子として誕生。

天正2年(1574年)9月、父・正吉と共に遠江国に所在していた徳川家康に仕える。

[sengoku-2]

天正8年(1580年)5月、田中城攻めに参加し、軍功を上げる。

天正9年(1581年)、一旦相模国鎌倉郡品濃村において過ごした後、天正12年(1584年)4月、小牧・長久手の戦いに従軍する。

このとき勇戦して冑首三級を討取った。

この戦いにおいて、家康は尾張国小幡城に凱陣し、正勝を呼び、弓・鉄砲各100挺を本多重次より受け取り、本多広孝の配下に加わり小幡城を守衛すべく命じ、小牧城へと戻った。

このとき正勝は家康より無銘の腋刀を賜っている。

戦後また品濃村に帰住した。

天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍した。

家康の関東入国の後、品濃村250石を采地として拝領し、天正19年(1591年)5月3日、この地を采地と認める朱印状が家康より下された。

慶長19年(1614年)、大坂の陣に従軍し、御膳奉行を勤めた。

このとき陣中にをいて家康より黒瀬戸の茶碗を賜る。

[sengoku-3]

元和元年(1615年)11月、采地を加増され、元和3年(1617年)8月にも再度加増、相模国鎌倉郡、近江国蒲生郡、滋賀郡において810石余りを知行し、その後大坂御金奉行となる。

その後、幼少の江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の傍に勤仕し、秀忠親筆による「人丸」の二字を賜る。

寛永17年(1640年)2月25日、采地品濃村に隠遁し、寛永19年(1642年)12月20日、同地において死去。

享年86。

品濃村に葬られる。

子孫に正朝、正路、正興らがいる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

新見正勝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【新見正勝(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)