【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天正11年(1583年)
【死没】 寛永8年10月1日(1631年10月25日)
【改名】 新国庄蔵→水原親清
【別名】 仮名:清介、彦左衛門、所左衛門
【主君】 上杉景勝→酒井忠勝→戸沢政盛
【氏族】 新国氏→水原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代前期の武将。

天正11年(1583年)蘆名氏家臣・栗村盛胤の子として生まれる。

天正12年(1584年)6月、父・盛胤が松本行輔と共に蘆名盛隆に謀叛を起こして討たれたため、祖父の長沼城主・新国貞通に養育された。

[sengoku-2]

天正18年(1590年)に貞通が豊臣秀吉によって改易された後、慶長3年(1598年)の上杉景勝の会津入封の頃までには、上杉家臣・水原親憲に出仕していたものと考えられる。

上杉家臣の頃には、新国庄蔵と名乗っており、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは親憲の下で慶長出羽合戦に従軍し、長谷堂城からの撤退戦で水原隊の一員として活躍し、戦後に親憲から感状を与えられている。

元和5年(1619年)、親憲の後を継いでいた憲胤を誘って共に米沢藩より出奔。

憲胤は福井藩に仕え、庄蔵は川越藩主酒井忠利の子・忠勝(のちに若狭国小浜藩主)に仕えた。

水原所左衛門親清と称したのはこれより以降のようである。

[sengoku-3]

この時、忠勝の求めに応じて自らの従軍経験を書き残した。

この筆記録は、延宝8年(1680年)に近江の国枝清軒によって軍記物『東国太平記』として仕立てられ、また宮川尚古の『関ヶ原軍記大成』にも大きな影響を与えた。

しかし、親清が酒井家に奉公していたのはわずか数年間のことで、元和年間の内には忠勝の下を離れ、出羽国新庄藩主・戸沢政盛に仕官して知行300石を与えられた。

寛永8年(1631年)10月1日死去。

享年49。

子孫は新庄藩士として続いた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

水原親清(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【水原親清(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)