【時代】 戦国時代
【生誕】 明応6年 (1497年)
【死没】 不明
【別名】 陶持長、多々良持長
【官位】 従五位下、安房守、兵庫頭
【主君】 大内義興→義隆→毛利元就
【氏族】 多々良姓大内氏庶流陶氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

大内氏の家臣で、大内氏庶流陶氏の一族。

後に毛利氏家臣に転ずる。

別名として陶持長( – もちなが)とも伝わる。

陶氏の家系の中で隆満が何処に位置するのか不明であるが、陶弘詮の子とも言われる。

[sengoku-2]

大内義興、義隆の2代に仕え、義隆の治世には奉行職・評定衆を務めて重用された。

諱の「隆」の字も義隆から下賜されたものである。

歴戦の武将でもあり、天文11年(1542年)の月山富田城の戦いにも従軍している。

のち天文20年(1551年)の陶隆房の謀反には協力し、山口まで乱入し、長門に逃亡した大内義隆主従を死に追い込んでいる(大寧寺の変)。

変後も陶隆房に積極的に協力して、周辺の益田氏や周布氏に書状を送っている(『周布家文書』)。

大友氏より大友晴英を迎え、大内義長と改名させ、新たな大内氏当主とした。

[sengoku-3]

大内氏と毛利氏の関係が破綻し、一族の陶晴賢が毛利氏攻めを行った際には、周防で留守居役を務める。

しかし、天文24年(1555年)の厳島の戦いで、陶晴賢(隆房より改名)は毛利元就に敗北し自害する。

その後、隆満は周防に侵入してきた毛利氏に降伏し、その家臣となった。

没年不詳。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

陶隆満(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【陶隆満(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)