【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 弘治3年3月4日(1557年4月3日)
【官位】 伯耆守
【主君】 大内義隆→義長
【氏族】 杉氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

大内氏の重臣。

杉重矩の子で正重の兄。

重良の父。

[sengoku-2]

父は天文20年(1551年)の陶晴賢による主君・大内義隆殺害と、大友晴英(大内義長)の大内氏当主擁立(大寧寺の変)に加担したが、天文22年(1553年)に晴賢によって謀殺される。

このことから重輔は晴賢を深く恨み、報復の機会を狙っていた。

天文24年(1555年)の厳島の戦いにおいて晴賢が毛利元就に討たれると、重輔は手勢を率いて晴賢の居城である富田若山城(現山口県周南市)を急襲し、留守を守る晴賢の嫡男・陶長房や問田隆盛(石見守護代)らを攻め滅ぼした。

[sengoku-3]

これを聞いた内藤隆世ら陶派の重臣達が重輔を討伐しようとし、大内義長が仲裁を試みたものの両者は全面対決に突入し、山口の町を炎上させた。最終的に重輔は防府にて内藤隆世の軍に討たれている。

これを聞いた毛利元就は大内氏の本国である周防・長門両国への本格的な侵攻を開始し、大内氏を滅ぼした(防長経略)。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

杉重輔(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【杉重輔(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)