【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天正2年(1574年)
【死没】 寛永6年2月4日(1629年2月26日)
【別名】 通称:弥兵衛、伯耆守
【官位】 従五位下伯耆守
【主君】 豊臣秀吉→秀頼→徳川家康→秀忠→家光
【氏族】 杉原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名。

豊臣秀吉の一門衆。

豊後杵築城主から但馬豊岡亀城主に転じて、豊岡藩の初代藩主となった。

天正2年(1574年)、羽柴秀吉(豊臣秀吉)の家老・杉原家次の長男として近江国小谷で生まれた。

母は某氏。

秀吉の妻・北政所(高台院)の従弟にあたる。

木下延俊や小早川秀秋らの母は実の姉である。

幼くして両親と離れ、浅野長政に育てられた。

天正12年(1584年)の父・家次の死去により、家督を継いだと思われるが、定かではない。

家次が預かっていた坂本城主には長政がなっている。

[sengoku-2]

天正14年(1586年)より秀吉に仕えて、摂津の西代・尻池の地を与えられた。

天正17年(1589年)、従五位下、伯耆守に叙任された。

文禄元年(1592年)の文禄の役では肥前名護屋城に駐屯した。

文禄2年(1593年)閏9月12日、3,000石を加増される。

慶長元年(1596年)、坂本から豊後国速見郡へ移封されて、杵築城(木付城)主とされた。

慶長3年(1598年)には但馬国豊岡城(亀城)へ移封され、播磨三木城の城代を兼ね、知行は3万石(城崎郡2万石、美含郡内1,000石、気多郡内1,000石、常陸小栗庄5,000石、近江内1,000石)。

同年8月の秀吉の死で、遺物金15枚を受領。

慶長4年(1599年)正月、豊臣秀頼に伺候。

同年2月、播磨三木郡の代官を務めた。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に与して、細川幽斎が守る丹後田辺城を攻めたが、東軍に内通し、浅野長政の聟で、かつ北政所の従弟に当たることからか、戦後も所領を安堵された。

慶長16年(1611年)に長政が亡くなると、遺言によって常陸小栗庄5,000石を分与された。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では酒井忠世の組(徳川秀忠旗本衆)に属して従軍。

翌慶長20年の夏の陣でも同じ組で、首級19を挙げた。

寛永6年(1629年)、56歳で死去し、跡を長男の重長が継いだ。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

杉原長房(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【杉原長房(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)