【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代
【生誕】 永禄10年(1567年)
【死没】 慶長6年(1601年)
【別名】 正次、通称:四郎兵衛、法名:空慶
【主君】 豊臣秀吉→徳川家康
【氏族】 杉原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、使番。

祖父は杉原家利、父は杉原家次の弟である杉原源七郎。

通称は四郎兵衛。

諱は正次とも言う。

[sengoku-2]

永禄10年(1567年)、杉原家次の弟・源七郎の子として生まれる。

慶長元年(1596年)より徳川家康に仕える。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いには使番の1人として従軍し、西軍敗走後の追撃で胸に矢を受けて重傷を負ったが、屈せずに首級を挙げた。

本多正純よりこの話を聞いた家康から傷薬を下賜される。

[sengoku-3]

翌慶長6年(1601年)に但馬国気多郡において1,000石の所領を賜ったが、同年に死去。

享年35。

長氏の子孫については、嫡流は6代目の杉原正武が舟での納涼の際に悪酔いして川に落ちて死去したことにより、明和2年(1765年)に断絶したが、傍流は明治維新まで存続した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

杉原長氏(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【杉原長氏(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)