【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 永禄4年(1561年)
【死没】 元和9年(1623年)
【別名】 孫三郎、孫市(通称)
【官位】 内膳正
【主君】 豊臣秀吉、秀頼、伊達政宗、徳川家康、頼房
【氏族】 雑賀党鈴木氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。

雑賀党鈴木氏の当主。

永禄4年(1561年)、鈴木重秀の長男として生まれたとされるが、鈴木佐大夫の子という説もあり、詳細は不明である。

また、三河鈴木氏出身で鈴木孫一の養子となったとする説もある。

[sengoku-2]

鈴木氏は石山戦争では顕如に協力して織田信長と戦うが、天正13年(1585年)に羽柴秀吉(豊臣秀吉)による紀伊征伐で雑賀衆が滅亡すると、豊臣秀長に仕えた。

後に秀吉の直臣となり、豊臣家の鉄砲頭に抜擢され1万石を与えられた。

以後、天正18年(1590年)の小田原征伐では忍城攻めに参加し、朝鮮出兵では肥前名護屋城の在番を務めた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍本隊に属して伏見城攻防戦の先鋒となって一番乗りを果たし、伏見城に籠もる鳥居元忠を討ち取った。

[sengoku-3]

戦後は浪人の後に伊達政宗に仕え、後に政宗の仲介により慶長11年(1606年)に徳川家康に直臣として3000石で召抱えられ、しばらくして水戸徳川家の徳川頼房の旗本として付けられた。

元和9年(1623年)に死去した。

享年63。

跡を継いだ子の重次は水戸藩主・頼房の十一男を養子・鈴木重義として迎えたため、鈴木家は水戸藩の重臣として続き、子孫は「雑賀」の姓に改めた。

また、歴代の当主は「孫一」を通称とした。

なお、雑賀党の首領は代々「孫一」を名乗ることが慣例となっていた。

孫一は「孫市」とも書かれることもある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

鈴木重朝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【鈴木重朝(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)