『川中島の戦い(第二次合戦)』の動画を楽しもう!
合戦名 川中島の戦い(第二次合戦)
合戦の年月日 天文24年(1555年)
合戦の場所 日本信濃国川中島(現:長野市)
合戦の結果 双方が勝利を主張
交戦勢力 武田軍 上杉軍

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で、北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。

最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる。

川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。

実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。

戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。

武田氏の支配地は着実に北上している。

[sengoku-2]

川中島の戦いの第二次合戦は、天文24年(1555年)に行われ、犀川の戦いとも言う。

武田晴信と長尾景虎は、200日余におよぶ長期にわたり対陣した。

天文23年(1554年)、晴信は南信の伊那郡を制圧すると同時に、同年末には関係改善が図られていた相模国の後北条氏、駿河国の今川氏と三者で同盟を結び、特に北関東において上杉方と対峙する北条氏と共同して上杉氏と対決していく(甲相駿三国同盟)。

その上で、長尾氏の有力家臣北条高広に反乱を起こさせた。

景虎は北条高広を降すが、背後にいる晴信との対立は深まった。

この年中信地域で小笠原氏と共に武田方に抵抗していた二木氏が小笠原氏逃亡後になって赦免を求め、これを仲介した大日方氏が賞されている。

天文24年・弘治元年(1555年)、信濃国善光寺の国衆・栗田永寿(初代)が武田方に寝返り、長野盆地の南半分が武田氏の勢力下に置かれ、善光寺以北の長尾方諸豪族への圧力が高まった。

晴信は同年3月、景虎は4月に善光寺奪回のため長野盆地北部に出陣した。

栗田永寿と武田氏の援軍兵3000は栗田氏の旭山城(長野県長野市)に篭城する。

景虎としてはこの旭山城を無視して犀川渡河をしてしまうと旭山城の守兵に軍勢の背後を突かれてしまう危険があり着陣後も容易に動くことが出来なかった。

そこで長尾軍は旭山城とは裾花川を挟んでほぼ真正面に位置する葛山に葛山城(長野県長野市)を築いた。

これによって前進拠点を確保したと共に旭山城の機能を封殺することに成功した。

[sengoku-3]

晴信も旭山城の後詰として川中島へ出陣し、犀川を挟んで両軍は対峙した。

7月19日、長尾軍が犀川を渡って戦いをしかけるが決着はつかず、両軍は200日余に渡り対陣することになる。

兵站線(前線と根拠地の間の道)の長い武田軍は、兵糧の調達に苦しんだとされる。

長尾軍の中でも動揺が起こっていたらしく、景虎は諸将に忠誠を確認する誓紙を求めている。

長尾軍に呼応して一向一揆の抑えとして加賀に出兵していた朝倉宗滴が亡くなったことで、北陸方面への憂いが生じたこともあり、 閏10月15日、駿河国の今川義元の仲介で和睦が成立し、両軍は撤兵した。

和睦の条件として、晴信は須田氏、井上氏、島津氏など北信国衆の旧領復帰を認め、旭山城を破却することになった。

これにより長尾氏の勢力は、長野盆地の北半分(犀川以北)を確保したことになる。

その後、晴信は木曽郡の木曾義康・義昌父子を降伏させ、南信濃平定を完成させた。

第二次川中島の戦いにおいては武田・長尾双方に複数の感状が現存しており、両者とも抗争の舞台を「川中島」と認識していることが確認される。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

川中島の戦い(第二次合戦)(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【川中島の戦い(第二次合戦)(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)