『折敷畑の戦い』の動画を楽しもう!
合戦名 折敷畑の戦い
合戦の年月日 天文23年(1554年)6月5日
合戦の場所 安芸国折敷畑山
合戦の結果 毛利軍の勝利、陶軍・宮川房長討死
交戦勢力 毛利氏 陶氏
指導者・指揮官 毛利元就、毛利隆元、吉川元春、小早川隆景 宮川房長、甲田丹後守
戦力 3.000 7.000

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

日本の戦国時代に行われた合戦のうちのひとつ。

明石口の戦い(あかしぐちのたたかい)とも呼ばれる。

天文23年(1554年)に陶晴賢(派遣部将は宮川房長)と毛利元就との間に行われた戦いである。

厳島の戦いの前哨戦として扱う場合もある。

従来は、9月15日に合戦が行われたとされていたが、この日付は江戸期に成立した『吉田物語』や『新裁軍記』によって通説化したもので誤りとされ、実際に合戦が行われたのは6月5日とされている。

[sengoku-2]

天文20年(1551年)に大内義隆が、重臣・陶隆房(陶晴賢)らによる謀反によって討たれた時、毛利氏は大内氏の従属下にあった。

義隆を岳父としていた元就の長男・毛利隆元は、義隆の敵討ちを目指して打倒陶を主張したが、力の差などを現実的に判断した元就は思いとどまった。

この頃、既に元就は大内氏からの独立の機を伺っていたとする意見もあるが、それを裏付けるような史料はなく、後世の脚色と考えられる。

むしろ元就は、この謀反と合わせて安芸国の反陶勢力を掃討、晴賢に同調することで勢力拡大を図った。

その後も引き続き、大内・陶氏との従属関係を維持していた毛利氏であったが、勢力拡大に伴って次第に晴賢に警戒されるようになる。

一方、義隆に恩義があった石見国津和野の三本松城主・吉見正頼は、天文22年(1553年)10月に晴賢に対して挙兵。

翌年3月に大内・陶軍による吉見討伐が始まる(三本松城の戦い)。

これに先立ち、毛利は吉見と陶の両方から加勢を求められていた。

元就は陶側への参陣を考えていたとされるが、隆元が強く反対して家中の意見が割れる。

その後、しびれを切らした晴賢が毛利傘下の安芸国人衆に対して直接出兵を要求したことが露呈したため、ついに元就は大内氏からの離反・独立を決めた。

なお、吉見正頼は密かに元就と同盟してから反乱を起こしたという説もあるが、当初元就は陶軍に参加を決めていたとされており、毛利家内部でも意見が統一されておらず、後世に結果から見て行われた脚色であるとされている。

[sengoku-3]

合戦後、安芸佐伯郡山里の一揆勢が抵抗を始めて毛利軍を悩ました。

山里一揆勢は思いのほか手強く、その拠点である友田高森要害が陥落する11月25日まで抵抗は続いた。

同時に水軍による攻防も展開された。

6月中旬、毛利側の水軍が陶氏の本拠地である周防富田浦を襲撃する一方で、『棚守房顕覚書』によれば陶側の水軍も厳島を攻めている(ただし、宮尾城の存在により上陸には失敗している)。

7月になると、陶の調略を受けた呉・能美の警固衆(水軍)が毛利から離反するが、9月には毛利と小早川の警固衆が両者を攻撃している。

元就は安芸国内の反毛利諸勢力を鎮圧し、安芸一国をほぼ手中に収める。

しかし、三本松城に釘付けにされていた陶晴賢も8月下旬若しくは9月2日に吉見正頼との和睦を成立させ、対毛利へ本腰を入れる。

両者の対立が激しさを増し、ついに弘治元年(1555年)に厳島の戦いを迎える。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

折敷畑の戦い(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【折敷畑の戦い(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)