【時代】 戦国時代
【生誕】 明応9年(1500年)
【死没】 永禄12年7月5日(1569年8月17日)
【別名】 大江元澄
【官位】 左衛門尉、能登守
【主君】 毛利幸松丸→元就
【氏族】 大江姓毛利氏庶流桂氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

毛利氏の家臣。

安芸国桂城主、桜尾城主。

明応9年(1500年)、毛利氏家臣・桂広澄の嫡男として生まれる。

[sengoku-2]

大永2年(1522年)に一族の坂広時が失脚した前後に父・広澄から家督を譲られたようで、翌大永3年(1523年)に尼子経久が鏡山城を攻めた際には、鏡山城主・蔵田房信の叔父である蔵田信直を寝返らせている。

同年に毛利元就が毛利家の家督を相続した際には、15人の宿老の一人として起請文に署名している。

大永4年(1524年)、叔父・坂広秀が元就の弟・相合元綱を擁して元就に謀反を起こした際、広秀の実兄であった父・広澄は責任をとって自害している。

元澄自身も父と共に自刃をしようとするが、主君元就に止められ、その後は元就の家臣として仕えた。

弘治元年(1555年)の厳島の戦いでは、陶晴賢に偽の内応書を送って、陶軍を厳島に誘き寄せるという軍功を挙げた。

以後、桜尾城主として、厳島と廿日市周辺の支配と管理にあたった。

[sengoku-3]

生涯を通して元就の忠臣であり、天文15年(1546年)の元就の隠居後、あるいは正式に家督が毛利隆元に譲り渡された弘治3年(1557年)以後も児玉就忠と共に親元就派の立場を取り、隆元の奉行人である赤川元保らとは度々対立している。

永禄12年(1569年)7月5日に死去。

享年70。

墓は洞雲寺(広島県廿日市市)にあり、廿日市市の指定史跡となっている。

なお、元澄の子孫を中心に桂一族は江戸時代には寄組2家、大組12家、他に長府藩と右田毛利家の家老に庶子家があり繁栄した。

また、子孫としては明治時代の政治家である木戸孝允(旧名は桂小五郎)、桂太郎(本名は桂清澄)がいる(ただし、木戸孝允は和田氏よりの養子であるので直接的な血縁関係はないが、和田氏は天野元政の子孫と称している為、一応血縁があるとも言える)。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

桂元澄(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【桂元澄(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)