『第二次黒井城の戦い』の動画を楽しもう!
合戦名 第二次黒井城の戦い
合戦の年月日 天正7年(1579年)7月初旬 – 8月9日
合戦の場所 丹波国黒井城
合戦の結果 織田軍の勝利
交戦勢力 織田軍 赤井軍
指導者・指揮官 明智光秀、細川藤孝、細川忠興、羽柴秀長、明智秀満 赤井忠家
戦力 約10,000 約1,800

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代に織田信長の命をうけた明智光秀などが丹波国征討を目的に行われた、赤井氏の堅城黒井城への攻城戦。

天正3年(1575年)と天正7年(1579年)の2度にわたり行われた。

吉川元春の援軍が到着する前に、光秀は信貴山城の戦いが終了する天正5年(1577年)10月、第二次丹波征討戦を開始する。

まず明智軍は多紀郡にある籾井城、桑田郡にある亀山城を落城、この二城を丹波征討戦の本拠地とした。

[sengoku-2]

第一次丹波征討戦と違い光秀は一挙に黒井城を攻めようとせず、周りの城から攻城していく個別撃破戦略をとった。

信長は細川藤孝・忠興父子の援軍を送り、翌天正6年(1578年)3月に八上城と氷上城の包囲を完成させる。

この時に赤井方では、主将である荻野直正が3月9日に病没した。

「首切り疔(化膿してできる腫れ物)」の病ではなかったかと言われている。

数十年に亘り実質的な赤井氏の指導者であった直正の死去は丹波に影響を与え、一旦光秀を裏切った丹波国人衆は八上城を攻囲するのを見ると再び光秀に降っていった。

赤井家では直正の弟の幸家が後見となり統率することになる。

更に信長は同年4月に羽柴秀長軍と明智秀満軍の増援を送り込み、八上城、黒井城の支城を次々と落城し、波多野側の酒井氏ら国人衆を撃破した。

光秀は攻囲中に、軍勢を八上城に置きながら別所長治や荒木村重の謀反にも対処している(三木合戦・有岡城の戦い)。

光秀は黒井城と八上城の中継地点である大山城に目をつけ、藤堂高虎に攻撃させた。

これにより城主の長沢氏は没落した。

翌天正7年(1579年)3月に八上城と黒井城の分断を目的に大山城の跡地に金山城を築城する。

各支城を落城し、金山城の効果を出始めてきだしたのか、5月5日 氷上城落城

極度の飢餓状態になった八上城に対して、『信長公記』によると「調略をもって」という記載がある事から、八上城兵に対して働きかけがあったと思われている。

捕えられた波多野秀治、秀尚は光秀護送の元、洛中を引き回され安土城に出向き信長の命により磔になる。

弟の秀香は居城の大路城に火を放ち、自らが総大将となって残兵を集め、二か月間明智軍の猛攻に耐えた。

しかしながら秀香は8月に討ち死にし、波多野氏は完全に滅亡した。

光秀は7月に再び丹波に入国し、最後の城、黒井城の攻城にとりかかる。

[sengoku-3]

赤井忠家軍は、第一次黒井城の戦いの時とは違い、波多野家からの援軍もなく黒井城の支城もほとんどが落城してしまい、兵力も激減していたと思われる。

戦いは8月9日早朝開始、光秀は第一次黒井城の戦いの反省をいかし慎重に攻め込み、仮想陣地に火をかけたり、ほら貝を吹いて混乱を装い、攻めると見せかけて退いたり、勢いに乗って追う黒井城兵を誘い込み挟撃したりした。

そんな中、明智軍の四王天政孝隊が手薄になった千丈寺砦から攻め落とし、主曲輪に向けて総攻撃を仕掛けた。

明智軍の誘導作戦で主曲輪には僅かな手勢しか置いておらず忠家も奮戦したが、最後は自ら火を放ち敗走する。

この時の状況は、「八月九日赤井悪右衛門楯籠り候黒井へ取懸け、推し詰め候ところ、人数をだし候。則ち、口童(口+童)と付け入るに、外くるはまで込み入り、随分の者十余人討ち取るところ、種々降参候て、退出」(『信長公記』)と記載されている。

この戦いで事実上丹波征討戦は終了した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

第二次黒井城の戦い(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【第二次黒井城の戦い(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)