『第二次天正伊賀の乱』の動画を楽しもう!
合戦名 第二次天正伊賀の乱
合戦の年月日 天正9年(1581年)
合戦の場所 伊賀国
合戦の結果 織田軍の勝利
交戦勢力 織田軍 伊賀惣国一揆、伊賀十二人衆
指導者・指揮官 織田信長、織田信雄、津田信澄、滝川一益、丹羽長秀、蒲生氏郷、筒井順慶、筒井定次、脇坂安治、不破光治、浅野長政 滝野吉政、町井清兵衛、森田浄雲、百地丹波
戦力 100.000以上 9,000

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

伊賀国で起こった織田氏と伊賀惣国一揆との戦いの総称である。

天正9年(1581年)4月、上柘植の福地伊予守宗隆、河合村の耳須弥次郎具明の2人が安土城の信長の所に訪れ、伊賀攻略の際は道案内をすると申し出た。

[sengoku-2]

そして再び織田信雄を総大将に5万の兵で伊賀国に侵攻した。

『信長公記』『多聞院日記』には9月3日に攻撃開始との記述があるが、『伊乱記』では9月27日に6か所(伊勢地口から信雄、津田信澄、柘植口から丹羽長秀、滝川一益、玉滝口から蒲生氏郷、脇坂安治、笠間口から筒井順慶、初瀬口より浅野長政、多羅尾口から堀秀政、多羅尾弘光が攻撃したと記述されている)同月6日より戦闘が開始された。

伊賀衆は比自山城に3,500人(非戦闘員含め10,000人)、平楽寺(後の伊賀上野城)に1,500人で籠城した。

伊賀衆は河原(あるいは比自山の裾野)で野営していた蒲生氏郷隊に夜襲を掛け、氏郷隊は寝込みを襲われ敗れた。

筒井順慶隊にも夜襲を掛け、1000兵を討ち取られた。

これに怒った氏郷は平楽寺を攻撃し、退けられるが滝川一益の援軍を得て陥落させた。

続く比自山城は、丹羽長秀らが幾度となく攻略しようとしたが、その都度敗退し、落とせなかった(比自山城の戦い、この時活躍した伊賀衆を比自山の七本槍という)。

しかし、総攻撃の前日に全ての城兵は柏原城に逃亡した。

その後、内応者が出た事もあり(伊賀衆は織田方の調略を受け、連携を欠いていた)、織田軍は各地で進撃し同月11日にはほぼ伊賀国を制圧した。

村や寺院は焼き払われ、住民は殺害された(平楽寺では僧侶700人余りが斬首、伊賀全体では9万の人口の内非戦闘員含む3万余が殺害された)。

[sengoku-3]

奈良の大倉五郎次という申楽太夫が柏原城に来て、和睦の仲介に入り、惣名代として滝野吉政が28日早朝に信雄に会って、城兵の人命保護を条件に和睦を行い、城を開けた。

『信長公記』ではこの停戦時期を9月11日としている。

『多聞院日記』では「十七日、教浄先陳ヨリ帰、伊賀一円落着」としており、日程のずれはあるが、当時の伝聞を集めた記録として信頼性は高い。

この柏原城が開城した時点をもって天正伊賀の乱は終わりを告げた。

残党は捕縛され殺されたが、多くの指揮官は他国へ逃げ、ほとぼりが冷めた頃に帰国した。

同年10月9日には信長自身が伊賀国に視察に訪れている。

信長は阿拝郡、伊賀郡、名張郡を織田信雄に、山田郡を織田信包(信長公記では「上野介信兼」)にそれぞれ与えた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

第二次天正伊賀の乱(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【第二次天正伊賀の乱(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)