『高遠城の戦い』の動画を楽しもう!
合戦名 高遠城の戦い
合戦の年月日 1582年(天正10年)
合戦の場所 信濃国高遠城
合戦の結果 織田軍の勝利
交戦勢力 織田軍 武田軍
指導者・指揮官 織田信忠 仁科盛信、小山田昌成、小山田大学助
戦力 30,000 3,000

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

1582年(天正10年)、織田信長とその同盟者の徳川家康、北条氏政が長篠の戦い以降勢力が衰えた武田勝頼の領地である駿河・信濃・甲斐・上野へ侵攻し、甲斐武田氏一族を攻め滅ぼした一連の合戦である。

[sengoku-2]

2月28日、河尻秀隆は信長から高遠城の攻略のために陣城を築けとの命を受ける。

翌3月1日、織田信忠は武田家親族衆で高遠城主の仁科信盛(盛信)の籠城する信濃伊奈郡の高遠城(長野県伊那市高遠町)を包囲する。

信盛は勝頼期に越後方面に在城していたが、天正9年(1581年)に高遠城主を兼任している。

この際に「盛信」より「信盛」と改名していることが指摘される。

また、『甲乱記』によれば、信濃佐久郡内山城(長野県佐久市)の城代・小山田昌成・大学助も信盛に従い高遠城に入城している。

『信長公記』によれば、昌成は「脇大将(副将)であったという。

信忠は地元の僧侶を使者とし、信盛に黄金と書状を送り、開城を促した。

しかし信盛はこの要求を拒絶、使者の僧侶は耳と鼻を削ぎとられて送り返されたという。

一方、『武家事紀』所収の仁科信盛宛織田信忠書状では開城・降伏を勧告し、『加沢記』にはこれに対する籠城衆の返書が伝わっている。

『信長公記』によれば、翌3月2日に織田軍30,000余は総攻撃を開始し、仁科信盛は譜代家老らとともに籠城し、織田軍と激闘を繰り広げた。

織田方も岩倉家出身の織田信家が戦死するなど大きな被害を受けたが、数で勝る織田軍に城門を突破されるに及び、ついに仁科信盛・小山田昌成・大学助、渡辺照、諏方頼辰らは戦死し、高遠城は落城した。

盛信の首のない遺体は彼を崇める地元の領民によって埋葬され、そこは今も「五郎山」と呼ばれている。

[sengoku-3]

2月28日、木曾義昌に敗北した武田勝頼は諏訪での反抗を放棄し逃亡、1000の兵と共に新府城に撤退した。

勝頼を追う織田信忠は高遠城陥落の翌日、本陣を諏訪に進め、武田氏の庇護下にあった諏訪大社を焼き払い、木曾義昌は信濃の要衝である深志城の攻略に向う。

3月1日、武田氏一族の穴山梅雪が徳川家康に通じ、織田側に寝返った。

3月4日、家康は梅雪を案内役として甲斐に侵攻を開始した。

翌3月5日、織田信長は安土城を出発、3月6日には揖斐川に到達した。

ここで嫡男・信忠から仁科盛信の首が届き、これを長良川の河原に晒した。

『信長公記』に拠れば、3月3日に勝頼は新府城を放棄し、郡内の小山田信茂を頼り逃れる。

『甲陽軍鑑』に拠れば、勝頼嫡男の信勝は新府城における籠城を主張したが、これに対し信濃の国衆・真田昌幸が上野岩櫃城(群馬県吾妻郡東吾妻町)へ逃れることを提案したが、勝頼側近の長坂光堅が信茂の岩殿城(大月市賑岡町)へ逃れるべきと主張したという。

一方、『甲乱記』では信勝・昌幸の提案を記さず、勝頼が信茂に対して郡内へ逃れることを諮問したとしている。

なお、岩殿城は都留郡北部に位置し小山田氏の詰城とされているが、小山田氏の本拠である谷村(都留市谷村)とは距離があるため、小山田氏の城と見るか武田氏の城と見るかで議論がある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

高遠城の戦い(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【高遠城の戦い(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)