【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文21年(1552年)
【死没】 天正12年4月9日(1584年5月18日)
【別名】 小十郎右衛門・政倫・成正・共成・長安
【氏族】 関氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

一宮城主。

天文21年(1552年)、尾張国一宮で織田家家臣、関成重の長男として生まれる。

[sengoku-2]

元亀元年(1570年)に父成重と共に浅井長政攻めに参加。

元亀3年(1572年)に森長可の姉と縁組をし森家とは縁続きとなった。

天正2年(1574年)に信長が行った蘭奢待切り取りの際にはその欠片が成政にも与えられているが、成政はその蘭奢待を真清田神社へと奉納している。

以後、織田信忠の側近として仕え長島一向一揆征伐、長篠の戦い、有岡城の戦いなどに従軍。

個人としての武勇にも優れ、三木合戦の際には別所家臣の大剛の士、宇野右衛門佐の襲撃を受けたが槍を交わし撃退している。

天正9年(1581年)の第二次天正伊賀の乱では先鋒の堀秀政らの軍監として先行して伊賀入りし、御斎峠の付近で伊賀衆と交戦した際は自ら槍を取って敵を討ち武名を上げた。

天正10年(1582年)の甲州征伐でも信忠に近侍して出陣し戦闘に参加。

本能寺の変後は織田信雄に重臣として仕えるが、羽柴秀吉と信雄が対立し小牧・長久手の戦いが勃発すると、秀吉に味方した森長可の要請を受けて信雄を見限り秀吉方に転じた。

池田恒興と森長可が提案した三河中入りの際には長可を大将とする第2陣に参加し戦うが、長可の討死の報を聞くと成政も覚悟を決め徳川軍へと斬り込み戦死した。

享年33。

[sengoku-3]

成政戦死後は実質的に森家に取り込まれたような形となり、子供達は長可の跡を継いだ森忠政に仕えている。

中でも五男の成次は忠政の娘を娶った事から最も重用され、森忠広が若死にして森家に嫡子が無くなった際には成次の息子で忠政の外孫にあたる関家継(後の森長継)に白羽の矢が立ち、二代目美作津山藩主となった。

その為、関家は長継実弟の関長政が継いだが、長政に後継がいなかった為、兄・長継の子・森長治を養子にし名跡を継がせている。

後に長治は津山藩から分地された1万8,700石を使い宮川藩を立藩し森氏の支藩としてその分家の待遇を受け、津山藩改易後は備中国に領を移し新見藩を新たに立藩し、関氏は9代174年にわたり新見に在封し明治維新を迎えた。

明治に華族に列し子爵を賜った。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

関成政(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【関成政(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)