【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文15年(1546年)
【死没】 天正10年6月6日(1582年6月25日)
【別名】 久作(通称)、重隆
【主君】 斎藤龍興→織田信長
【氏族】 竹中氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

美濃斎藤氏、織田氏の家臣。竹中重元の子。

通称は彦作、久作。

妻は中川重政の姉妹。

天文15年(1546年)、斎藤氏家臣の竹中重元の子として誕生。

兄に竹中重治がいる。

[sengoku-2]

後世、竹中重治の智謀の代名詞と伝えられる永禄7年(1564年)2月の稲葉山城奪取の際には、稲葉山城に人質として入っていた重矩が病気を装い、兄・重治は、見舞いと称して安藤守就ら十数名とともに城内に入り、城番を油断させた隙に稲葉山城を占拠したといわれる。

永禄10年(1567年)、斎藤氏滅亡後は兄と共に織田氏に仕える。元亀元年(1570年)、姉川の戦いに参陣し、浅井氏の勇士・遠藤直経が織田軍の武将を装って信長の本陣に入り込み、信長の首を狙おうとしたが、旧知であった重矩がその正体を見破り、直経を討ち取る武功を挙げた。

重矩は以前から「遠藤を討ち取る」と公言していたという。

ただし遠藤の首を打ったのは、重矩の後見として合戦に参加していた不破矢足である、とする話も伝わる。

[sengoku-3]

天正7年(1579年)6月13日、播磨国の陣中で病死した兄・重治に代わり、同月22日、羽柴秀吉の与力として遣わされた。

天正10年(1582年)3月、信長に従い信濃国に出軍している。

しかし、同年6月に信長が本能寺の変で死去した後、美濃国不破郡長佐村で起こった郷士一揆と戦って戦死した。

享年37。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

竹中重矩(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【竹中重矩(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)