【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文9年(1540年)
【死没】 天正5年9月15日(1577年10月26日)
【改名】 重連(初名)→綱連
【別名】 大九郎、左兵衛、九郎左衛門尉(通称)
【主君】 畠山義綱→義慶→義隆→春王丸
【氏族】 長氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代の武将。

能登畠山氏の家臣。

畠山氏の重臣である長続連の嫡男として生まれる。

初め重連(しげつら)と名乗ったが、後に畠山義綱より偏諱を与えられて綱連に改名した。

[sengoku-2]

父・続連より家督を継承したのは義綱追放後の永禄10年(1567年)から元亀2年(1571年)の間とされている。

元亀元年(1570年)に畠山義慶(義綱の子)政権で一新された年寄衆に温井景隆、平堯知、遊佐盛光、三宅長盛、長光連らと共に列した。

天正2年(1574年)に義慶が死去するとそのまま義隆に仕え、父と共に能登畠山家の筆頭重臣として活躍する。

天正4年(1576年)に義隆もに死去すると、その跡を継いだ春王丸の後見人となる。

春王丸は幼少だったため、父と共に能登畠山氏の実権を掌握し主導した。

[sengoku-3]

同年冬から越後の上杉謙信の侵攻を受けたが、父と共にこれを1度は撃退した。

しかし天正5年(1577年)に再び謙信の侵攻を受け、その最中に春王丸も死去して窮地に陥ると、弟の連龍を使者として織田信長に援軍を要請した。

しかし援軍が到着する前の9月15日、謙信と通じた遊佐続光や温井景隆らの裏切りによって、七尾城内で父や一族と共に殺された。

享年38。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

長綱連(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【長綱連(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)